【子育て】[0歳]ママと赤ちゃん2人でワンオペお風呂!我が家のお風呂の入り方をご紹介

子育て
 スポンサーリンク 


こんにちは、Makaronです。

我が家のお風呂事情ですが、耳に水が入りそうで心配で娘は生後3ヶ月くらいまでベビーバスで沐浴してました。生後1ヵ月過ぎたらパパママとお風呂入るご家庭が多いみたいですが、ふにゃふにゃの身体の赤ちゃんを私1人でお風呂にいれるのはとてもハードルが高く感じてしまい。

Makaron
Makaron

旦那は帰りが遅いので頼れない…

赤ちゃんの入浴と同時に自分のお風呂も済ませないといけないし、皆さんはどうしてるんだろう?と思いながら、もんもんとしてたものです。一緒にお風呂を解禁してからはそんなに心配する必要なかったかな?なんて思い。初めての子育てだと些細なことでも心配性になってしまいダメですね。色々と試行錯誤してみて落ち着いた、我が家の0歳児&ママのお風呂レポをお送りしたいと思います。

ワンオペでのお風呂にはバスローブがオススメ

1ヵ月健診を終えた時に医師から私の入浴解禁と赤ちゃんも大人とお風呂OKのお墨付きが貰えるも、気持ちの整理がつかずそこから既に2ヵ月近く経過してましたが、3ヶ月目にしてやっと娘と一緒にお風呂に入ることにしました。沐浴が苦ではなければ首が座ってからの方が安心ですね。

ママはお風呂あがった時に自分の身体を拭く間もなく赤ちゃんのお世話があるので、バスローブがあると便利という体験談を多く目にしたので張り切ってバスローブを購入しました。

購入したのは上記の商品で、バスローブで口コミの多さと評価の高さからこれに決定しました。お手頃な価格にもかかわらず洗濯時の毛抜けも無く生地もしっかりしていて良品でした。バスローブをお求めの場合はお勧めです。

あともう1つ、自分が身体を洗っているときに娘が待機する場所としてこの商品を購入しました。

「ひんやりしないおふろマットR 」

赤ちゃんとのお風呂前に準備すること

ママと赤ちゃん毎に、前もって準備しておくと楽なことを紹介します。

ママのもの

➀バスタオル(髪の毛用)
➁バスローブ
➂ブラジャーに前もって母乳パッドを付けておく

赤ちゃんのもの


お風呂からあがった時のために、部屋に前もって以下を準備しておくことをオススメします。

 スポンサーリンク 


➀防水マット(おむつ替えマット)
➁肌着を、着れる状態でセット
➂オムツを、開いた状態でセット

Makaron
Makaron

➀→➁→➂の順番でお風呂を入る前に前もって重ねておくと便利です

冬場であればお風呂入る10分くらい前から赤ちゃんが寒くないように、お風呂場を温めておくと寒くなくて安心です。お風呂場が温まったら赤ちゃんを裸にさせてバスタオルでくるみお風呂場へ連れて行きます。

Makaron
Makaron

この間に1回だけおしっこされたことがあったので要注意です

おしっこされるのが心配であれば、おむつだけつけてバスタオルでくるみお風呂入る直前におむつを外しても良いかもしれませんね。

赤ちゃんとのお風呂であると便利なもの

我が家のお風呂の入り方は赤ちゃんを「ひんやりしないおふろマットR 」に一旦寝かせて、身体を軽く流してあげます。冬だったのでまずは温まろうと思い、自分もかけ湯してから赤ちゃんと一緒に湯船に入ります。

Makaron
Makaron

初めての大きな湯船に、何ともいえない表情でお風呂を満喫する娘ちゃん

ある程度温まったら、再度「ひんやりしないおふろマットR 」に寝かせて身体を洗ってあげます。

※ボディーソープは、下記を使用。

赤ちゃんの身体や頭を支えるのでママは片手しか使えないということがほとんどなので、泡タイプのボディーソープは片手で扱えるので必須ですね。

ひんやりしないおふろマットR

「ひんやりしないおふろマットR 」はとても軽くて思ったより立体的な構造で少し深めになっています。赤ちゃんの背中部分に常にお湯がはれるので常に温かそうで、私が身体を洗っている間も大人しく待っていてくれました。

寝かせている状態の為に身体がぐらつくことがないので、まだ赤ちゃんとのお風呂に慣れずにぎこちないない私でも問題なく対応することが出来ました。赤ちゃんの身体を両手でゆっくり洗えるので、心配していた赤ちゃんの耳に水が入ることもなく楽にお世話することが出来ますよ。

ママのお風呂は早さが勝負!

赤ちゃんがすっきりしたところで次は自分が身体を洗います。すぐ近くで待機している娘が寒くないように、たまにお湯をかけてあげながら自分の事は素早く済ませました。自分の身体を洗い終えたらもう一度温まる為に娘と一緒に湯船にどぽん。

赤ちゃんとのお風呂で注意すること

赤ちゃんとお風呂にはいるときに、注意すべきことは。

お風呂のお湯の温度は、夏場は38度程度、冬場は40度ほどのぬるめの温度が最適です。

赤ちゃんが湯船につかっている時間は大体2~3分、体を洗っている時間を合わせるとだいたい10分ほどで切り上げるのが目安です。

Makaron
Makaron

10分って結構早く過ぎてしまいますね。あまり長く入っていると赤ちゃんがのぼせてしまうので注意です

お風呂をあがった後は

手早く自分の髪の水気をバスタオルで拭き取り身体にはバスローブを羽織り、部屋に戻ったら赤ちゃんのお世話に入ります。赤ちゃんの身体を拭いてあげて前もって準備していた肌着+オムツを装着します。

Makaron
Makaron

前もって着るものを準備することによって、その間におしっこ&うんちをされるリスクが低くなります

赤ちゃんの肌の保湿や耳やお鼻のお手入れをして、そのまま赤ちゃんの機嫌が良ければ自分の髪を乾かしますが、ぐずるようなら授乳して落ち着かせてから自分のことをするようにしてました。お風呂上りの水分補給をさせて完了です。

まとめ

赤ちゃんの月齢があがる毎にバウンサーで脱衣所で待機させたり、バスチェアでお風呂内で待機させたり、お風呂の入り方も変わっていくかと思いますがまだ首が座っていない赤ちゃんとおすすめのお風呂の入り方なので、自分の入り方が定まらないというママは一度試して頂ければと思います。

 スポンサーリンク 


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

☟個性豊かな子育てBlogが沢山♬

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記ランキング

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

【HOME】

コメント

タイトルとURLをコピーしました