【子育て】[0歳]完母にこだわらなくていいじゃない!混合育児のメリットとデメリット★

 スポンサーリンク 


こんにちは、Makaronです。

今回は赤ちゃんのミルク事情について。産後直後は母乳の出が悪かったことと出産した産院は、母乳+ミルク混合推奨の病院だった為に混合育児スタートでした。出産した産院は病室に粉ミルクセットが置いてあって使いたい人は自由に使うという環境でしたね。

産む前は漠然に「母乳で育てられれば良いな」と思っていましたが、実際に産んでみると粉ミルクを飲めた方が何かと便利ですし、母乳だけに拘って変にストレスになっては嫌だなと。その為しばらくは混合育児で頑張ることにしました。

ただしばらくは『完母になれるように頑張った方が良いのだろうか』など色々葛藤もあったので、当時感じた事や産院から教えてもらったことなどを忘れないように備忘録として残そうかと思います。「完母」か「混合」かで迷っている人の参考になれば幸いです。

混合育児のメリット

混合育児ですがやってみると色んな良い事がありました。混合育児のメリットから紹介したいと思います。

家族が育児に参加しやすい

ママが用事がありどうしても赤ちゃんから離れなければならないとき、粉ミルクが飲めればパパや家族でもある程度の時間赤ちゃんのお世話が出来るので便利です。

娘が生後1ヵ月位の時にどうしても私のかかりつけの病院に行かなければならない時があり。コロナもあってまだ小さな娘を人ごみに連れて行くには抵抗があり、旦那とお義母さんに娘を見てて貰い3~4時間ほど家を離れたことがありました。

久しぶりの1人での外出で嬉しくイヤホンで音楽聴きながらウキウキで電車に乗ったものですが、すぐに娘が恋しくなりスマホの写真をひたすら見続けるという…今思えば親ばかですね(笑)

お世話をしてくれたお義母さんは、娘とゆっくり過ごせてとても嬉しそうでした。こちらも頼りながら親孝行出来るのは一石二鳥で良いかなと思いましたね。

ママが睡眠を確保しやすい

これは赤ちゃんにもよるみたいですが、ミルクだと母乳よりも腹持ちが良いことが多いため赤ちゃんの睡眠時間が長引く傾向にあるよう

Makaron
Makaron

娘はミルクを飲めばその後3時間くらいはぐっすりと眠ることが多かったです

夜に最低でもこのくらいの時間まとまって寝てくれると本当にありがたいです。その時間は私もぐっすり眠れました。

完母になってからは添い乳で寝かしつけしているせいか、夜は1~2時間おきに起きて授乳になってしまったので寝不足でしんどいときもあります。

今は産後3ヵ月が経過し身体もある程度回復しているから良いのですが、産んだばかりの心身共にボロボロの時に夜も頻回授乳だと精神的にきついかなと。

Makaron
Makaron

そのため今となっては産後1ヵ月近くは混合で本当に良かったと私は思います

とはいえ、授乳出来る期間は今しかないので母乳でもミルクでも育児を楽しまないとですね。

突然のトラブルにも対応しやすい

ママが体調が悪い時は母乳ではなくミルクに出来ればママも助かります。私は以前から片頭痛持ちだったのですが、産院から貰った頭痛薬が無くなってしまい家にあった市販の頭痛薬を飲んだことがありました。母乳育児の際にママが薬を服用したい場合、赤ちゃんへの影響が心配で薬が気軽に飲めなかったり、薬を服用した場合は授乳を控えた方が良いケースも多いので母乳だけではなく粉ミルクも抵抗なく飲めると助かりますね。

 スポンサーリンク 


混合育児のデメリット

Makaron
Makaron

メリットもあればデメリットもありますね

母乳とミルクなので、その分時間とコストがかかる

こればっかりは致し方ない部分もありますが、母乳+ミルクをWでやる場合は母乳+ミルクの用意と授乳で起きている時間が夜中でも1時間以上なんていうこともありママの睡眠時間が削られます。当然ミルク代もかかりますね。

Makaron
Makaron

夜眠かったり疲れてしまった時は母乳とばしてミルクだけなど、気負わないでやるくらいが丁度良いですね

ミルクの用意で、外出時に荷物が増える

哺乳瓶やミルク用のお湯と持ち歩き用の粉ミルク&ケースと等々、完母と比較すると色々持たなければならないものが増えますね。

ミルクがどのくらい必要か分かりにくい

一時期は産まれてすぐから完母で頑張るべきかと迷う時期もありましたが、上記メリットから産後は混合育児からスタートしました。そうなると母乳がどのくらい飲めているかでその後のミルク量が決まる為、母乳の哺乳量を把握するために張り切ってベビースケールを購入しました。

Makaron
Makaron

授乳前後でベビースケールで赤ちゃんの体重を測り、その差が飲んだミルクの量という事になります

新生児期は、このべビースケールで授乳前後に体重を測り一喜一憂してました(笑)

 

 

混合育児をしていた約1ヵ月半くらい毎日使用していましたが、デザインも可愛く性能も問題無しでした。購入の決め手は将来は測定用トレイを外して子供専用の体重計に出来ること。パンダの体重計なんて可愛いなぁと。

まとめ

現在は寝る前に1回だけミルクを与えていますが、それ以外は母乳のみで過ごせるようになりました。母乳でもミルクでも可愛い我が子に授乳出来るという今しかない喜びをかみしめつつ、時間を大事に過ごしていければなと思います。

 スポンサーリンク 


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

☟個性豊かな子育てBlogが沢山♬

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記ランキング

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

【HOME】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です