【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話➃

 スポンサーリンク 


こんにちは。
Makaronです。

当Blog初の、連載★
第4回目をお送りします。

入院3日目

前回は、誘発しても
分娩に繋がらず。

今回はこそは!?と
挑んだ日の記録です。

新たな1日のはじまり

昨日のバルーン解除後も陣痛が
おさまらず、深夜2時くらいまでは
痛みと格闘していたけれど。

それ以降は
意識が飛んだもよう(笑)

目を覚ましたのは、朝5時過ぎでした。

Makaron
Makaron

約3時間でも
寝れてすっきり!!
久しぶりの睡眠で
嬉しかった★

助産師さんに、呼ばれ今日も
モニター検査から、1日がスタート。

検査の最中、助産師さんから
少し以下の話があった。

Makaron
Makaron

正式には先生から
話しがあるけど
前もって教えるね
とのことでした。

無痛分娩のすすめ

Makaronの場合、やはり
産道が狭く、また筋肉が硬いから
無痛分娩を紹介されるかも。

 スポンサーリンク 


もちろん、やるかどうかは自分次第。

旦那と協議して
もし希望する時は
無痛分娩の同意書等の
書類手続きが必要になるので
言ってねというものだった。

昨日の陣痛促進で
子宮口の開きが悪かったし…。

やはり、最初の診察通りに
難産になるのだろうか…。
と少し落ち込む。

正直、出産に対して
楽だとは思っていなかったから。

難産ならそれはそれで
仕方がないという
思いもあったけど。

普通分娩を
選択することで
何か難産以外に

デメリットはあるのかな?

と、素朴な疑問が産まれる。

Makaron
Makaron

辛いだけなら
自分が我慢…
試練だと思って
覚悟する!

でも、何か赤ちゃんへの悪い影響が
あるなら、そうはいっていられない。

助産師さんに、聞こうとするが
ナースコールが鳴ったようで
忙しそうに
席を外すところだった。

Makaron
Makaron

後から先生からの
話しがあるみたいだから
その時聞こう!かと。

もんさんは、自営業なので
今日も仕事に都合をつけて
11時の面会時間には
来る予定になっている。

Makaron
Makaron

居てもたっても
いられないよう(笑)

とりあえず、今さっき聞いた
無痛分娩についての話しを
軽くLINEで報告。
(詳しくは病院でと)

無痛分娩のすすめ

朝9時の診察で、改めて先生より
無痛分娩に関する話があった。

無痛分娩とは?

背中から行う
 硬膜外鎮痛という
 麻酔方法を用いて
 出産時の痛みを軽減して
 出産する方法のこと。

●無痛といっても、痛みを緩和する
 くらいで、痛みが無いわけではない。
 病院によっては「和痛」と
 表現するところも。

Makaron
Makaron

無痛と和痛の
明確な違いは
無いらしい。

メリットは?

●麻酔により、出産時の痛みが軽減される。
●全身に込められる力が弱まり
 筋肉も弛緩して、お産が少し楽になる。
赤ちゃんのストレスも
 普通分娩と比較すると軽減される。
●産後の回復が、比較的早い。 

デメリットは?

●(Makaronがお世話になった病院では)
 麻酔科医が2名体制且つ
 スタッフが多い時間帯を選んで
 施術するため、実施可能な
 時間帯には限りがある。
※土日祝は不可、平日の
 昼間の時間帯のみとのこと。
●状況によっては
 普通分娩となる場合もあり。
 ※医療従事者が少ない深夜に
 お産となった場合など。
●ママに副作用として
 産後の頭痛や嘔吐が
 見られることがある。
料金が割高となる。
 ※Makaronがお世話になった
 病院では+5万程度。

無痛分娩は
不測の事態になるんじゃ?
という不安がつきまとい
正直、選ぶ気になれなかった。

Makaron
Makaron

昔に、そういったニュースも
目にしたことあるし…。

先生に「安全ですか?」と聞くと
「医療に、100%はありません」
「ただ、常に万全の体制で最高の
 医療が提供出来るようにしています」
と回答される。

もちろん、実績もある病院だし
信頼していない訳じゃない。

…だけど、怖いなぁと。

赤ちゃんにとって

赤ちゃんにとっては
どちらが良いか?聞くと。

「出産は、赤ちゃんにとっても大仕事」

「お母さんの狭い産道を
 命がけで通って来る」

「赤ちゃんにとってどちらが良いか?
 と聞かれれば、なるべくストレスの
 かからない無痛をお勧めします」

とのことでした。

日本では、あまり普及していないけど
外国では、無痛が主なお産の方法の
国もあるんだとか。

Makaron
Makaron

…どうしよう。
迷うなぁ!と。

すぐに答えは出さなくても良い。

本人が希望するのであれば
その時点で言って下さいとのことで
もんさんが来てから
判断することにした。

改めて、陣痛促進開始!

先生の話しと、内診が終わったら
昨日同様に、まずは
普通分娩を想定して
また陣痛促進開始。

Makaron
Makaron

朝の内診時
残念ながら
子宮口3㎝から
進展はなし(笑)

促進方法は、今日も
バルーンと錠剤の促進剤!

10時前から、3~5分間隔で
陣痛が始まる。

そして、昨日と同じように11時には
3分間隔の強めの陣痛に!

面会に来てくれたもんさんに
堪らず、腰をさすって貰う 😯

必死に、歯を食いしばり
昨日同様に、すべての力を
仁王立ちで、部屋の手すりに
ぶつけながら、耐える。

「うお~!!」
「いででで~!!」

という、およそ女性らしからぬ
ドラゴンボールに出てくるような
ワードと音量で、叫ぶ。
(でも、恥ずかしいから控えめに)

そうこうしていたら
陣痛の強さと間隔から
12時に診察をすることに!

ここで、バルーンが
外れていれば
分娩室に行く
という流れとなる★

が。

全然、外れておらず。

バルーンは、大体子宮口7㎝
くらいで抜けるとのこと。

この様子だと、いって
5㎝くらいかな?との診断。

正直、このバルーン付きの陣痛。

かなり違和感があって、痛い。
先生の言葉に、気が遠くなる。

あっさり、次の内診は16時に!

それまでこの状態で
持ち越しですか…。

あぁ~…。

陣痛3分間隔で、4時間。

それって、あと何回
この痛みに耐えるんだろう?

と、ぼんやり考える(笑)

Makaron
Makaron

…絶望感!!

ちなみに。

もんさんは来て早々
痛みにのたうつ私のケアに
徹してくれており、私も
話す余裕がなく。

無痛分娩の話しは出来ていない。

てか。

「旦那さん来たら、考えてね」って
皆そうしてるの??
陣痛中に、普通に話せてるの!?

と、軽く困惑。

陣痛3分間隔といっても
一番強い痛みから、次にまた
痛みが来るまでの間隔だから
痛みの持続時間を考えると
比較的楽な時間は
1分くらい
かない。

その間で、水飲んだり
疲れてぼーっとしたりなので。

「真面目な話なんか出来るか!」と
さっきの先生に悪態着きたくなる。
※先生は何も悪くない

それから、更に痛みは増し。

陣痛間隔を確認すると
2分間隔に!!

痛い。

痛いぞ。

痛すぎる!!

これは、絶対バルーン抜けてる。
という変な確信があり。

見回りに来た、助産師さんの
判断で、内診すると…。

14時くらいに、バルーンが
外れていることを確認!!

Makaron
Makaron

やったぁぁ~!!
と心底嬉しむ。

お腹の張りも良い感じとのことで
遂に、16時過ぎに分娩室にGO~!!

二度あることは、三度ある

よし!!
このままお産だぁ!!と
希望を見出す。

しかし…。

時間でいうと
どのくらいだろうか。

1時間くらいして、先生がくる。

分娩台で内診すると…。

「子宮口は、7㎝ってとこかな」
「進展はしてるけど、まだ固いね」
「お産になるのは、まだ先かな」と。

どうやら、お産が近くなると
子宮口が全開(約10㎝)になる
+子宮口がふわふわの
柔らか状態
になるらしい。

それが全然なので
まだまだだと。

Makaron
Makaron

えっ…。
噓でしょ…。
再度、絶望感…。

ちなみに、陣痛促進剤は
点滴ではなく錠剤の弱め?の
ものなので、先生の見立てでは
バルーンも外れて刺激は取れてるので
夜には陣痛がおさまってしまうかもと。

でもまだ、この時点で
陣痛は2分間隔

これって
もうお産が近い時の
痛みの間隔じゃないの!?

自分の意味分からない
体質を恨めしく思う。

分娩室から、自分の病室に戻され
しばらく、またのたうち回る。

が。

その後、先生の見立て通り
陣痛は段々遠のいて…。

19時には、朝の状態に逆戻り(笑)

Makaron
Makaron

バルーンも、促進剤も
なければ、5分くらいの
間隔で重い
生理痛の様な
陣痛があるのみ!

さっきまでの痛みは?
という状態に。

ここまで来て
元の状態に戻る人なんて
私以外にも普通に
居るんだろうか?
(周りでは聞いた事がない)

またの、明日に持ち越しに(笑)

悲しいかな、私と同じ日に
入院した人たちは皆。
無事に出産を終えていた。

夜に、くたくたの身体で
自販機に飲み物を買いに行ったとき
嬉しそうに、赤ちゃんを抱く
ママ達の姿が目に入る。

そういえば、3日前に
「明日赤ちゃんに会えますね」
なんて、立ち話しした
ママさんだ。

ふいに、私って…。

少し悲しくなる。
※満身創痍で
ナイーブになっている

今日こそはと思ってたから
がっかりだったけど。

何となく落ち込んでいたら
もんさんが察したのか。

赤ちゃんの為に、焦らずに。

マイペースに。
大事に進めようと
もんさんが言ってくれた。

その後、もんさんと
無痛分娩について
話すことが出来ました。

私達の答えは、
出産も長引いていて、私にも
赤ちゃんにもストレスがかかって
危険な状態になるなら、迷わず
無痛分娩を選択しよう
と。

出すかどうかは、ぎりぎりまで
迷ってもいいけど、今のうちに
同意書は書いておこうと
もんさんに勧められ
記入しました!

その夜は。

「私以外、みんな産まれてるって!」って
やはり、興奮気味に話す私を
もんさんがなだめてくれて(笑)

…やっぱり。
旦那って特別だ。

残念ながら、今日は
お産には繋がらなかったけど。

旦那のありがたみが
再度分かった日でした。

次こそは!


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

★☆ポイ活なら、moppy★☆
ネットショッピングするなら
ポイントサイトに登録しないと損してる!!
moppy経由で買い物すると
Wでポイントを稼げちゃます♬


モッピー!お金がたまるポイントサイト
※2020/8/11
情報番組/ノンストップで紹介されました!

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

 スポンサーリンク 


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

☟個性豊かな子育てBlogが沢山♬

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記ランキング

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

【HOME】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です