【雑記】口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法

 スポンサーリンク 


こんにちは、Makaronです。

突然ですが、皆さんは口内炎ってどのくらいの頻度でできるでしょうか?私はとても口内炎が出来やすい体質で、気を付けていても月に1回くらいはできてしまいます。

ちなみに口内炎が出来るきっかけは、決まって食事をしている時に誤って頬の内側や唇を噛んでしまい、その時に出来た傷が2~3日かけて口内炎に成長していくというのがお決まりのパターンです。

私はその時の体調の良し悪しで口内炎の大きさが決まります。コンディションが良いときは米粒のような小さな口内炎で終わりますが、悪いときは小指の爪くらいの大きさまで成長…ここまでくると痛みは相当なものです。

口内炎って小さくても結構痛いんですよね。たかが口内炎といえどもできたら1日の気分は台無し、せっかくの食事も全力で楽しむ事が出来ません。

そして子育てを始めてからは、母乳やら睡眠不足やらで口内炎体質に拍車がかかり、対策を何も講じないと毎回最大クラスの口内炎を出現させる結果に。

ふと舌や歯が当たって激痛、食事で激痛、痛みで気分も憂鬱&イライラ…ただでさえ子育てでそれなりにストレスも溜まるのに、更に口内炎でのストレスも追加なんてやってられないですよね。

という訳で、痛くて厄介な口内炎は1日でも早く治したい!口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法をお送りします。

口内炎の予防

まずは本格的に口内炎になる前に行う、おすすめの予防法からご紹介します。

イソジン

口内炎になる前の傷の段階で試すのがポイントですが、私はイソジンでうがいする事も口内炎予防に効果的でした。

 スポンサーリンク 


口内炎の原因は細菌にあると言われているため、傷がついたらこまめにうがいし傷口を清潔に保つことで口内炎に発展するのを防ぐというもの。

私は「あっ、噛んだな」「口内炎になりそうだな」という時に、朝・昼・晩でイソジンでうがいをすると噛んだところも傷のままで口内炎にならずに治癒することが多いです。

しかし面倒くさがってうがいをさぼり、口内炎になってしまってからでは残念ながら大きな効果は得られませんでした。

とはいえ口内炎になってからも口内環境を整える事が早期回復に繋がるはずなのでうがいはしないよりはした方が良いですよね。

☟妊娠中はイソジンに含まれるヨウ素があまり良くないと聞いたので、ヨウ素が含まれないこちらを使ってました。

Makaron
Makaron

ポイントは口内炎が出来そうだと思ったら、口内炎になるまえに早めにうがいを実施することですね

チョコラBB ローヤル2

口内炎にはビタミンで対抗!ということで、ドリンクタイプのチョコラBBも口内炎になりそうな時によく服用してます。

 

単体だと私は効果が薄いかなという気がしたので、イソジンでうがいと合わせ技で対処してましたよ。

口内炎になってしまったら

上記までの対処法をきちんと行っていれば、私は口内炎を回避出来ることが多いのですが、面倒くさがって何も対策をしなかったり、対策をしてもどうしても口内炎になってしまう事もありました。

私の場合口内炎になってからは、出来始めから最大サイズに成長しきるまで(広がっている間)が一番痛いんです。なので口内炎は出来たら広がる前に即対処をして早めに炎症を抑え込むことが私が一番大切にしていることです。

☟具体的な対処法はこちら

トラフル(錠剤)

口内炎の薬は色々ありますが、錠剤の飲み薬であれば貼るタイプとは違い剝がれるという事もないし、貼り薬が使えない舌に出来た口内炎にも有効です。

近いうちに友人との食事があったり『どうしても口内炎にしたくない』『早く治したい』時には必ず服用していました。

飲むと口内炎の炎症が落ち着いたり、それ以上酷くなるのを食い止めてくれるなど効果は感じられましたが患部を保護はされていないので痛み対策にはなりませんね。状況に応じて他の対策とあわせて使っていました。

トラフル(貼り薬)

口内炎が大きくなってしまい酷い痛みの時でも貼っている間は痛みが和らぐので、耐えられない痛みの時は一番効果が感じられる方法ですね。

ただし、時間が経つと剥がれてしまい患部が保護されなくなって痛みが出てくるし、貼り薬が使えない場所に出来た口内炎(例えば舌とか)には使えないという弱点も。

とはいえ、我慢できない痛みに唯一即効で対応できる手段なので常に切らさない様に常備してます。

ちょっと痛いですが、貼る前に口内炎をティッシュで押さえて水分を取ってから貼ると長く持たせることが出来ますよ。

チョコラBB口内炎リペアショット

私の一番のおすすめはこれです。

患部にスプレーするタイプなのですが、私の場合は口内炎になってしまってからも夜寝る前に1プッシュすると翌日以降からほぼほぼ回復に向かいました。

スプレータイプで患部を保護する訳ではないので痛みを瞬時に無くすというタイプではありませんが、寝る前に1プッシュして翌朝起きた時は炎症が落ち着いている分、痛みも和らいでいたという事が私は多かったです。

人によってあうあわないはあるとは思いますが、口内炎に困っていてまだ試した事が無いか方には是非ともお勧めしたい一品ですね。

口内炎の場所選ばずにどこでも使えるし、お値段もお手頃です。使い方もプッシュするだけで気軽に使えるのが良いですね。

という訳で、以上が『口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法』でした。

まとめると、口内炎の予防(まだ傷の段階や口内炎のできかけ)にはイソジン&ビタミン剤口内炎になってしまってからはチョコラBB口内炎リペアショット&どうしても痛みが酷い時はトラフル貼り薬という感じですかね。

あくまでも私の対処法はでした。早く口内炎に縁のない生活を送りたいものですね。

 スポンサーリンク 


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

☟個性豊かな子育てBlogが沢山♬

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児日記ランキング

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

【HOME】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です