【今日のむっちゃん】[1歳3ヵ月]保育園入園で慣らし保育開始!悩みは給食について

こんにちは、Makaronです。

「今日のむっちゃん」娘の成長の記録と、日々の出来事をマイペースに綴ってます。

【 1歳3ヵ月 】

時が経つのは早いものでもう4月、新しい出会いの季節になりましたね。娘のむっちゃんは4月より保育園に入園して慣らし保育を開始しました!少し寂しい思いもありましたが先生方を信じて託した保育日初日、別れの時はギャン泣きで可哀想でした…普段はあまり泣かない子なので久々に全力泣きを見てこっちまで少しドキドキ。

私の仕事復帰が5月のGW明けからなので慣らし保育のスケジュールは4月まるまる1ヵ月を使い、保育時間→1週目:9~11時/2週目:9~12時半/3週目:9~16時/4週目:8~17時までと1週間ずつ預ける時間を増やしていくことに。

保育1週目は保育園に居る間は終始ぐずぐずだったようで先生におんぶされながら過ごしたむっちゃん。お迎えの時も大粒の涙を流しながら大泣きのなかで受け渡しという感じでした※泣き声で先生の話が聞こえないという(笑)お家に帰ってからも寂しかったのと環境の変化からか寝るまでぐずぐず…ずっと抱っこやおんぶで体力が削られた1週間でした。

これは慣れるまで結構かかるわ…と覚悟するも日に日に状況は改善していき、保育2週目には抱っこやおんぶされなくても泣かないでクラスでご機嫌に動き回れるようになり、先日はついにお預けの時も泣かないで笑顔で私に手を振るように。お家に帰ってからも特にぐずる事もなくご機嫌に過ごせるようになりました。

まだ半日程度のお預けなので預ける時間が増えればまた状況は変わるのでしょうが、思ったより慣れるの早っ!と拍子抜けの今日この頃です。保育園に通いだすと夜泣きが増えるかもしれないと保育士さんに言われましたが今のところは大丈夫そう。

保育園に通うまでは一時的にも子供を手放す罪悪感や不安もありましたがいざ入園してみると良いことも沢山ありますね。昨日はブロック遊びの日だったらしく預けて早々にお友達と教室で楽しそうに歩き回る姿を見て、私と居るだけでは体験できない貴重な時間なのだなと少し感慨深くなったものです。

後は我が子のことを共有出来る大人として担任の保育士さんという存在が出来た事は結構心強いです。というのも、ここまで順調に来ている慣らし保育も1つだけ心配な事があるのです。それは給食を一切食べれないこと…

むっちゃんはお家では今まであまり泣かずに手のかからない子なのですが少し繊細な部分があって、夜頻繁に起きて何度か寝かしつけが必要なことと、食事は食べなれたものは良く食べるけど初めて食べる食材や味付けはほんのちょっとしか食べてくれないことも多くて。また食器が変わってもダメなんです。寝る事と食べることに対しては結構デリケートな娘ちゃんです。

そんなわけで保育園の給食も食べられずに1週間近く経過…来週は16時までのお預けになるので少しでも食べれるようにならないか?ちょっと心配な日々なのです。保育園の雰囲気や環境に近くなるようにお家で使う食器や献立を保育園と似たようなものにして慣れさせた方が良いのか?何かお家で出来る事はないか?心配で、担当の保育士さんに聞いてみたら「娘ちゃんは保育園で頑張っているのでお家では今まで通り過ごしてください」「ママも心配しないでゆっくりで大丈夫ですよ」とのこと。さすがプロですね、心強いです。

と、こんな感じで保育園生活をスタートさせました。まだまだこれからですが娘のペースで新しい生活に徐々に慣れて行って欲しいものです。

【今日のむっちゃん】[1歳2ヵ月]2回目のひな祭りと、何から何まで突っ張り棒生活の結果

こんにちは、Makaronです。

「今日のむっちゃん」娘の成長の記録と、日々の出来事をマイペースに綴ってます。

【 1歳2ヵ月 】

早いもので先日2回目のひな祭りを迎える事が出来ました。去年の初節句はまだ生後4ヵ月くらいだったのでひな祭りらしい食べ物は食べられませんでしたが、夕飯の準備をしている間にぐずぐずしていたので何となく飾っていたひなあられを与えてみたら1人でソファーに腰掛けてポリポリしだしました。

いつも食べている赤ちゃんお菓子と比べると少し味が濃いからよっぽど美味しかったのかな。「ほ~!」っと喜びの声をあげながら笑顔で食べてました。その姿を見て改めて大人になったなぁと。赤ちゃん感はどんどん薄れて子供感満載になって来ました。成長が著しい。

ここ最近で一番成長を感じた出来事はお外で靴を履いて歩けるようになったこと。今までは家の中では自由に動き回れるのに靴を履いて外に行くと直立不動に。固まってしまい一切歩こうとせずでしたが1ヵ月くらいしたら慣れてきたのかようやくお外でも歩けるようになってお散歩がより一層楽しくなりました。

4月から保育園で慣らし保育開始で5月からは職場復帰を控えてます。復帰が目前となるとむっちゃんと離れるのが寂しくなります。しかし不器用でガサツな私とずっと一緒にいるだけよりも、保育園で先生方や沢山のお友達と触れ合い社会に触れる方が刺激があってより貴重な経験が出来るはず。そう信じて今一度お仕事を頑張ろうと思います。

家の中の変化といえば、『何から何まで突っ張り棒生活』が終わりをつげました。

☟あわせて読みたい

【今日のむっちゃん】[生後10ヵ月]ベビーゲートの代わりに突っ張り棒を設置してみた

ベビーゲートの代わりに突っ張り棒を付けたところまではとても良かったんのですが、やはり付けたところがまずかった。はじめのうちは突っ張り棒を跨ぐ生活に『生活しながら効率良くダイエットだ!』と意気揚々としていましたが『何をするにも突っ張り棒』はやはりレベルが高かった。

掃除する時は掃除機を担いで突っ張り棒、時にはぐずるむっちゃんを抱っこしながら突っ張り棒、両手に買い物袋を下げながら突っ張り棒、洗濯物を抱えながら突っ張り棒。

約2ヵ月間頑張りましたが足がこたこたになってやめました。

Makaron
Makaron

我が家の様に変なところにつけなければ、ベビーゲートの代わりに突っ張り棒はおすすめですよ

諦めてキッチン入り口の幅に合うベビーゲートを購入☟今は快適に暮らしております。

今回の教訓、やはりベビーゲート等の家具を買う時はサイズ測定は忘れずに。

【雑記】口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法

こんにちは、Makaronです。

突然ですが、皆さんは口内炎ってどのくらいの頻度でできるでしょうか?私はとても口内炎が出来やすい体質で、気を付けていても月に1回くらいはできてしまいます。

ちなみに口内炎が出来るきっかけは、決まって食事をしている時に誤って頬の内側や唇を噛んでしまい、その時に出来た傷が2~3日かけて口内炎に成長していくというのがお決まりのパターンです。

私はその時の体調の良し悪しで口内炎の大きさが決まります。コンディションが良いときは米粒のような小さな口内炎で終わりますが、悪いときは小指の爪くらいの大きさまで成長…ここまでくると痛みは相当なものです。

口内炎って小さくても結構痛いんですよね。たかが口内炎といえどもできたら1日の気分は台無し、せっかくの食事も全力で楽しむ事が出来ません。

そして子育てを始めてからは、母乳やら睡眠不足やらで口内炎体質に拍車がかかり、対策を何も講じないと毎回最大クラスの口内炎を出現させる結果に。

ふと舌や歯が当たって激痛、食事で激痛、痛みで気分も憂鬱&イライラ…ただでさえ子育てでそれなりにストレスも溜まるのに、更に口内炎でのストレスも追加なんてやってられないですよね。

という訳で、痛くて厄介な口内炎は1日でも早く治したい!口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法を紹介します。

口内炎の予防

まずは本格的に口内炎になる前に行う、おすすめの予防法からご紹介します。

イソジン

口内炎になる前の傷の段階で試すのがポイントですが、私はイソジンでうがいする事も口内炎予防に効果的でした。口内炎の原因は細菌にあると言われているため、傷がついたらこまめにうがいし傷口を清潔に保つことで口内炎に発展するのを防ぐというもの。

私は「あっ、噛んだな」「口内炎になりそうだな」という時に、朝・昼・晩でイソジンでうがいをすると噛んだところも傷のままで口内炎にならずに治癒することが多いです。

しかし面倒くさがってうがいをさぼり、口内炎になってしまってからでは残念ながら大きな効果は得られませんでした。とはいえ口内炎になってからも口内環境を整える事が早期回復に繋がるはずなのでうがいはしないよりはした方が良いですよね。

☟妊娠中はイソジンに含まれるヨウ素があまり良くないと聞いたので、ヨウ素が含まれないこちらを使ってました。

Makaron
Makaron

ポイントは口内炎が出来そうだと思ったら、口内炎になるまえに早めにうがいを実施することですね

チョコラBB ローヤル2

口内炎にはビタミンで対抗!ということで、ドリンクタイプのチョコラBBも口内炎になりそうな時によく服用してます。

 

単体だと私は効果が薄いかなという気がしたので、イソジンでうがいと合わせ技で対処してました。

口内炎になってしまったら

上記までの対処法をきちんと行っていれば、私は口内炎を回避出来ることが多いのですが、面倒くさがって何も対策をしなかったり、対策をしてもどうしても口内炎になってしまう事もありました。

私の場合口内炎になってからは、出来始めから最大サイズに成長しきるまで(広がっている間)が一番痛いんです。なので口内炎は出来たら広がる前に即対処をして早めに炎症を抑え込むことが私が一番大切にしていることです。

☟具体的な対処法はこちら

トラフル(錠剤)

口内炎の薬は色々ありますが、錠剤の飲み薬であれば貼るタイプとは違い剝がれるという事もないし、貼り薬が使えない舌に出来た口内炎にも有効です。

近いうちに友人との食事があったり『どうしても口内炎にしたくない』『早く治したい』時には必ず服用していました。

飲むと口内炎の炎症が落ち着いたり、それ以上酷くなるのを食い止めてくれるなど効果は感じられましたが患部を保護はされていないので痛み対策にはなりませんね。状況に応じて他の対策とあわせて使っていました。

トラフル(貼り薬)

口内炎が大きくなってしまい酷い痛みの時でも貼っている間は痛みが和らぐので、耐えられない痛みの時は一番効果が感じられる方法ですね。

ただし、時間が経つと剥がれてしまい患部が保護されなくなって痛みが出てくるし、貼り薬が使えない場所に出来た口内炎(例えば舌とか)には使えないという弱点も。

とはいえ、我慢できない痛みに唯一即効で対応できる手段なので常に切らさない様に常備してます。ちょっと痛いですが貼る前に口内炎をティッシュで押さえて水分を取ってから貼ると長く持たせることが出来ますよ。

チョコラBB口内炎リペアショット

私の一番のおすすめはこれです。

患部にスプレーするタイプなのですが、私の場合は口内炎になってしまってからも夜寝る前に1プッシュすると翌日以降からほぼほぼ回復に向かいました。

スプレータイプで患部を保護する訳ではないので痛みを瞬時に無くすというタイプではありませんが、寝る前に1プッシュして翌朝起きた時は炎症が落ち着いている分、痛みも和らいでいたという事が私は多かったです。

人によってあうあわないはあるとは思いますが、口内炎に困っていてまだ試した事が無いか方には是非ともお勧めしたい一品ですね。口内炎の場所選ばずにどこでも使えるしお値段もお手頃です。使い方もプッシュするだけで気軽に使えるのが良いですね。

という訳で、以上が『口内炎が出来やすい私が実践する、おすすめの口内炎対処法』でした。

まとめると、口内炎の予防(まだ傷の段階や口内炎のできかけ)にはイソジン&ビタミン剤口内炎になってしまってからはチョコラBB口内炎リペアショット&どうしても痛みが酷い時はトラフル貼り薬という感じですかね。

あくまでも私の対処法はでした。早く口内炎に縁のない生活を送りたいものですね。

【今日のむっちゃん】[1歳1ヵ月]夜の寝かしつけは添い乳から背中トントンへ移行中

こんにちは、Makaronです。

「今日のむっちゃん」娘の成長の記録と、日々の出来事をマイペースに綴ってます。

【 1歳1ヵ月 】

我が娘むっちゃんも早いもので1歳1ヵ月になりました。ここ最近のお家での様子は目に入るもの全てに興味津々でとりあえず手あたり次第に掴む・舐める・投げる。背伸びするとダイニングテーブルの上が見えるのが楽しいのかよくこうやって覗いてます。

ダイニングテーブルの上めがけてぬいぐるみが飛んでくるので食事中は気が休まりません。

Makaron
Makaron

先日はばいきんまんのぬいぐるみが飛んできてお味噌汁が零れました

部屋中を自由に歩き回るようになり早くも小走りを習得しました。先日お部屋で旦那が娘とだるまさんが転んだをやっていた時のこと、旦那がだるまさんが転んだと言って振り向くのがたまらなく面白かった娘は、旦那の「だるまさんが転んだ」の声とともに喜びの奇声を発しながら旦那に向かって覚えたての小走りを披露。

下半身が安定せずガタガタもたつきながらも彼女なりに全力で走る。その姿はさながら小学校の運動会で誰かのお父さんがなっている、いき急ぎたい上半身とそれについていけていない下半身が連動していないひと。

テレビの近くに居た旦那にテンション高く駆け寄って娘ちゃんでしたが結果、テレビ直前で足がもたつきテレビ台の角に頭を強打!とても大きな音がして。幸い怪我はありませんでしたが防げなかったことが夫婦でショックで軽く2人で落ち込みました。このくらいの年齢の子はテンション上がると転倒率高めなので注意ですね。

また、キャビネットの扉の開閉もついに習得。今までは扉の中は安全ゾーンでしたがむっちゃんの行動エリアの拡大に備えて開閉防止グッズを慌てて取り付けました。

☟開かないのを知らないで「今から開けるよ?」的な笑みを浮かべるひと。

そして今一番のブームは鼻ほじり。見るたびに暇さえあればこれでもかってくらいお鼻をほじほじしております。女の子だからこのブームは早く過ぎて欲しいです。

最近の一番の子育て中の発見はというと、添い乳以外で寝れることが少しずつですが増えてきました。私がずぼらだからなのかもしれませんが夜の寝かしつけはほぼ添い乳でした。むっちゃんはとても育てやすい子ではあるのですが今の時点で唯一大変な事と言えば夜に頻繁に起きること。

ちょくちょくまとまって寝る様になったか?と思う事もあったのですが、やはりまだまだショートスリーパーなむっちゃん。1歳過ぎた今でも夜1時間おきに起きる事も珍しくありません。頑張って添い乳以外で寝かしつけすることもありましたが、添い乳じゃないと夜中に覚醒してしまい1~2時間起きるなんてこともしばしば。

私自身も頻繁に起きると眠さに勝てずに、夜にむっちゃんがむにゃむにゃと起きたら添い乳をして再び寝かしつける毎日を送っております。

Makaron
Makaron

眠りが浅い原因は恐らくその添い乳なんですよね…分かってはいますが結局楽な方をとってしまう自分です

月齢が上がっても夜の睡眠事情に状況に変化が無い生活に『ここまで来たらゆっくり寝れないじゃなくて、エンドレス2度寝が出来る』と考えて楽しく行こうではないかと思っていましたが、つい先日いつもは1時間おきがその日は寝苦しかったのか30分毎に起きていて。流石におっぱいあげすぎだよなと泣いているむっちゃんに諦め半分苦し紛れに背中トントンをしてみたら。

なんと、寝た!!今まで何回か背中トントンはしてましたが全然寝る気配無しだったので完全に起ききる前に添い乳してしまっていたのですが、やっぱり赤ちゃんって背中トントンで寝るんですね。今更ですが子育てに決めつけは良くないなと改めて再確認させてくれた出来事でした。

子育ては、日々発見だ。こんな感じで2021年もゆるく行くので宜しくお願いします。

【Design】デザイン専用Blog「Piyomama – Design -」始めました

こんにちは、Makaronです。

気が付けば2021年、新年明けましておめでとうございます。

昨年末に新しくデザイン業務を開始し、慌ただしく年を越してもう1月も半ばです。娘は1歳になり今は自由に家の中を走り回るようになりました。アグレッシブ過ぎて毎日ヒヤヒヤと過ごしております。現在育休中なのですが育児休暇は今年の5月まで、慣らし保育を4月に開始して5月より以前から務めていた会社に復職予定でおります。

そんな中で始めたデザインのお仕事、子供を産む前は会社や仕事に対して良くも悪くも欲や期待はなく高卒以降は社畜の様に時には終電近くまで仕事を淡々とこなす毎日を送って来ました。

とはいえ今務めている会社嫌いではないんですよ。真面目に働いていて会社に貢献していたらある程度の昇格はさせてくれるし給与や福利厚生に不満は無い。その分きつい事もあるし理不尽なんてなんのその。仕事なんて皆そうですよねという感じでおりましたが、子供を産んでから不思議な事に色んな事に欲が出てきました。

自分の好きな仕事をしたい。復職の前に本業以外に手に職を付けたかったので育休を機に何か自分もスキルUP出来ないかなと、以前からやりたかったものつくりの仕事を始めました。

作業時間は娘の寝ている早朝と深夜やお昼寝中など。依頼数が多い時はご機嫌に1人遊びしている時にも少し作業したりしています。子育ての合間に副業は楽しくも大変ではありますが何と言っても面白い。自分の好きな事をしている時間ってママにとってもストレス解消にもなってとても大事ですよね。

PC一つで作り上げた自分の作品が少しでも人様の役に立てると思ったら、達成感や嬉しさはとても大きなものでした。まだまだ勉強中の独学デザイナーですが努力を怠らずに2021年も精一杯活動して行こうと思っています。

さて、デザイン業務は全てココナラ内で完結するようにしておりますが、自分自身の作品集という意味合いも込めてデザイン専用のBlogを作りました。作品のアルバムの様なBlogにしたいと思ってるので、お時間ある方はどうぞ覗いてみて下さい☟

【雑記】全力で開けにかかってもビクともしない、リモコンの電池フタを一瞬で開ける方法

こんにちは、Makaronです。

当Blogのメインは子育てに関することなんですが、ここ最近のネタといえば子育て以外の事ばかり思いついてしまいます。あっ、我が愛しの娘むっちゃんはとても元気です。

もうすぐで記念すべき1歳を迎えます。今は毎日家の中を歩き回りいたずらをしまくる毎日を送っております。何でも舐めるので手の届かないように家の中の物という物が上へ上へと移動し、もう物の置き場がなく困ってます。

どうしましょう、背の高いラックとか皆用意しているのだろうか?近いうちにむっちゃんの成長の様子は書こうかなと。

私の住まいは東北の田舎町でここ最近の寒さは尋常じゃなく寒すぎて朝起きて布団から出たくない。布団から出た後は即エアコンのスイッチをON。

しかしその日はエアコンのリモコンのスイッチを押しても一切反応なし。このままだととてもじゃないが寒すぎていられないと思いながら今の家に越してきてからエアコンのリモコンの電池を1度も変えていないことを思い出した。

Makaron
Makaron

リモコンの電池切れですね!今住んでいる家に越してきて5年くらい経つのに電池交換をした記憶がありません

はぁ、朝イチから電池替えかと思いリモコンの裏ふたを開けようとするも全然開かない。全力で力を込めてもリモコンのフタはビクともしない。頭の血管が切れるんじゃないかってくらい朝一から全力出したのに。

その後、旦那を起こして開けて貰おうとするもなんと旦那でも無理。どんだけ固いんだこのフタはと感心したところで調べて試してみた。どうしても開かないリモコンの電池フタを簡単に開ける方法を。

☟見付けたのはリモコンの電池フタの端にガムテープを貼り付けて、フタを押しながら開けたい方向にガムテープを持って引っ張るというもの。

本当に開くのか?と半信半疑で試してみた結果は、なんと…これは凄いぞ。あれだけ固かったフタが一瞬で簡単に開いた~!!

皆さんこの方法知ってました??私は初めて知って感動しました。何かの電池フタが開かなくなってしまったら、是非ともお試しあれ。

【雑記】おはようからの魔女の一撃!0歳児育児とぎっくり腰②

こんにちは、Makaronです。

先日朝起きてすぐぎっくり腰になったお話、第二弾/解決編です。

強烈な痛みを背中に感じ大の字に倒れつつ近くに寝ている旦那を呼ぶが、腰の痛みが背中全体に広がりどこが痛いのか分からない。というか痛すぎて息がまともに吸えない。旦那よ早く気付けと恨めしく思いながら呼んでいると異変を察知したのか旦那起床、私の異様な光景に気付いた。

初めはピクリとも動けない私にびっくりして何か急病かと「救急車呼ぶ!?」なんて取り乱していたけど、事情を説明したら少し休めば少しは動けるようになるだろうと、とりあえずは無理に動かずにその場で待機した。そうすると1時間もすればピクリとも動けないほどの強烈な痛みは引いて息苦しさは解消、身体を少しだけど傾けられるようになり。

Makaron
Makaron

まだ激痛ではありますけどね

午前中いっぱいかけてなんとか身体を慣らすように動かしてたら、壁伝いだけど辛うじて立てるようにはなりました。本当に結構大変な1日だったので、その時の腰痛との付き合い方を簡単にですが紹介したいと思います。

※医学の知識を有している訳ではなくぎっくり腰の対処法を紹介する記事ではありません、あくまでも私個人の体験談となるためご理解ください。

ぎっくり腰になった瞬間

ヒッ!っと息も詰まるくらいの強烈な痛みで身動きも出来ず、仰向けに倒れたもののそこからどういう体制をとっても強烈に痛い。しかし少しずつ体制を変えながら楽な角度がないか探ってみたら、少しだけど楽になる角度がありました。

楽だと感じる方向に体を向けて足を立てそのまま1時間くらい体を休める。そうすると徐々にだけど身体を動かせるようになってきました。ぎっくり腰は筋肉の捻挫のようなもので楽になる角度がある可能性が高いので、まずはその角度を見つけて1時間程度安静にしていたら回復もスムーズでした。

ぎっくり腰になった時の歩き方

身体を傾けられるようになったらそこからは痛みに耐えて何とか身体を起こしました。そして身体を起こせるようになったら何をするにも腰を基準に垂直移動を心掛けました。

痛くない時のように自由に動くのではなく、①まずは垂直の動きだけ(立つ)②ゆっくり移動、①②の繰り返しで何とか家の中を動き回ることに成功。

ぎっくり腰と育児の両立

朝は旦那が居たが彼には仕事が待っている。旦那が居る間は家事やら育児やらおんぶに抱っこしてしまったが、旦那出勤後は強制的にぎっくり腰と赤ちゃんの共存生活が始まるのだ。

最大の難関は抱っこ、娘はまだ1人で自由に動けないので抱っこは必須だ。というか抱っこが出来ないと何にもならない。というわけで、旦那が居る間にぎっくり腰の状態でなんとか抱っこする方法を試行錯誤、前項で紹介した①まずは垂直の動きだけ(立つ)②ゆっくり移動、幸いにも①②に赤ちゃんの重みが加わってもたいして身体の状況には変化ない事に気が付いた。とはいえもし私が転んだら娘まで怪我をするので動くときはそれはそれは慎重にを心掛けた。

ぎっくり腰の時の洗顔は?

午前中には辛うじて壁伝いには立てるようにはなったけど、まだ顔も洗っていないし歯も磨けていない。さすがに1日中そのままはまずいので昼くらいに洗顔&歯磨きにチャレンジ!!

だけど腰を屈もうと思っても絶対無理なくらい痛い。どうしようか。洗面所の鏡の前で色々と動き方を試行錯誤していたら、発見した。なんと片足を前に出して身を屈めたらうそでしょ?ってくらい痛くないということを。これには本当に助かった。

ぎっくり腰になった時のおすすめの体勢

こんな感じで私のぎっくり腰生活は過ぎていきました。その後は1週間くらいで元の生活に戻りましたが、育児中のぎっくり腰は本当に大変なので皆さんも注意してくださいね。

今回の伝えたいことはぎっくり腰の時に片足を前に出して身を屈めたらうそでしょ?ってくらい腰が痛くないこと※あくまでも私個人の感想です。

これはぎっくり腰になった人に是非とも教えたい、いざというときはお試しあれ。

【雑記】おはようからの魔女の一撃!0歳児育児とぎっくり腰①

こんにちは、Makaronです。

以前から私は腰が弱くてちょくちょく腰痛が起こったりほんの些細な動作からぎっくり腰になったり。子供が産まれてからは特に注意しなければと思っていたのですが、やってしまいました。先日、ぎっくり腰になった時のお話です。

ぎっくり腰発生から回復までの経過と試して楽になった事を、簡単にですが紹介していこうと思います。

その日はむっちゃんが起きる前に自然と目覚めて、「やった!朝活出来る」とコーヒー片手にPCを開き、さぁ何から始めようとウキウキしていたら、早々とむっちゃんも起床。

おっと…さらば朝活と少々気を落としながらもおむつを替えようとむっちゃん近付き、脇の下に手を入れ少し持ち上げたその瞬間やつはやって来た。

ほぼ背中よりの腰に走ったビキビキッ!という、いや~な感じ。それはぎっくり腰※別名、魔女の一撃

今まで何度もぎっくり腰になって来た自分だから分かる。ぎっくり腰でも今回のは背中に響いたえげつないくらいのぎっくり具合からみて近年まれに見るボスクラスのぎっくり腰だと。

今回のぎっくり腰は今まで起こったどのぎっくり腰よりも衝撃だった。そして背中に衝撃を受けたが、その時はむっちゃんを抱っこしかけていて私は中腰になっていてむっちゃんは浮いている。腰が砕けたとはいえそのまま転んだらむっちゃんが怪我をするかもしれないというわけで。

大ダメージの背中を使ってなけなしの力で体勢を持ちこたえ、何とかむっちゃんを近くにあったクッションに着地させる。しかしその時にとどめの一撃として「メキっ」っていう感覚をもう一度背中にくらい、盛大にリビングの床に倒れこんだ。

背中に強烈に走る痛みにしばし茫然として天井を見上げる。床に背中をつけて仰向けに寝るような状態で倒れ込んだから腰に力は入っていないけどその状態からでも分かる。一切動けないよ、というか動けるもんなら動いてみなよ感。

 
激痛でピクリとも出来ない。あぁ、どうしようと思いながらさっきクッションに着地させたむっちゃんに目をやると、私の危機的な状態なんて感じさせないニコニコ笑顔。さっきおむつを替えようとしてたくらいだから、いかんせんおむつがパンパンだ。
 
可哀想、早くおむつ替えてあげなきゃと思うが一切痛みで動けない。背中を床に付けた状態からピクリとも動けない。というか、痛くて息がまともに出来ない。

あれ?痛いのは腰なのに息がしにくいってありなのか?呼吸がおかしくなるくらい痛いって大丈夫なのか?
 
どうしよう。あっ、旦那だ。むっちゃんが産まれてから寝室でベットで寝るのをやめてリビングに布団を敷いて皆で寝ているからすぐ近くにまだ旦那が寝ている。私がこんな状態で床に大の字に転がっているのに気持ちよさそうに寝息を立てている姿にちょっとイラっとしつつ、とりあえず旦那を起こした。
Makaron
Makaron

長くなったから今日はここまで。興味を持って頂け方は是非とも次回もお付き合いください

【今日のむっちゃん】[生後10ヵ月]現在の歩行記録は5歩!1人遊びと黄色いカエル

こんにちは、Makaronです。

「今日のむっちゃん」娘の成長の記録と、日々の出来事をマイペースに綴ってます。

【 生後10ヵ月 】

前回のBlogでお伝えしたベビーゲートの代わりに突っ張り棒を設置した件その後もなかなか良い感じで過ごしております。初めはむっちゃんも突如現れた大きな柵に戸惑いはあったものの、今はさながらバンドのライブを見ている人風?で突っ張り棒にもたれかかるのがお気に入りのスタイル。

こういう風にもたれかかるようになって足腰が活性化されたのか、徐々に彼女の手は突っ張り棒から離れてついに1人歩き開始!今の歩行記録は5歩を記録しました。お外を自由に歩き回る日も近そうです。

そして最近のむっちゃんのお気に入りの遊び方ですが、なかなか変な遊び方ばかりしております。今の1番のお気に入りの遊び方はというと。おもちゃ箱のフタにお気に入りの黄色いカエルちゃんを寝かせて。

満足そうにしたと思ったら、カメラもブレる勢いで。

顔にバーン!!

これがよっぽど楽しいのか長いと30分くらい爆笑しながら1人遊びしています。たまにカエルちゃんをどこまで飛ばせるか一心不乱に1人でチャレンジしていたり。その間に家事もはかどってママとしては嬉しいかぎりです。少し前までは家事をしている間にどうやって1人遊びさせようか試行錯誤していたのに。赤ちゃんの成長ってなかなか不思議なものですね。

毎回娘にぶっ飛ばされるカエルちゃんに感謝しながら、もう少し飛ばされててねと願う母なのでした。

【今日のむっちゃん】[生後10ヵ月]ベビーゲートの代わりに突っ張り棒を設置してみた

こんにちは、Makaronです。

「今日のむっちゃん」娘の成長の記録と、日々の出来事をマイペースに綴ってます。

【 生後10ヵ月 】

むっちゃんが伝い歩きをするようになって1ヵ月くらい経過しました。足腰がみるみる強くなり歩行器での移動速度もぐんぐん上昇、歩行器やら伝い歩きやらで縦横無尽に家の中を動き回っております。

そんななか少し前から気になっていたのがキッチンへの侵入問題。そろそろ対策をせねばとベビーゲートを買いに行くも近くのホームセンターではなかなかしっくりくるものがなく。どうしようかなとネットを見ていたら良い情報を見付けました!それは突っ張り棒をベビーゲートの代わりに設置するというもの。

これが結構色々と都合良くて、ベビーゲートとしての役目を終えたら突っ張り棒として使えて無駄にならない、ベビーゲートに比べて安く買えて尚且つ強度もバッチリ※物によりますが

しかしデメリットもあり。ベビーゲートの様に扉が付いていないので大人は跨いて通るしかなく結構筋トレになる。これは最近太り気味の私にとっては運動になって逆に良いかなと早速突っ張り棒を購入して来ました。

☟ちなみに取り付けたいところはここ。

で、実際に設置した写真がこちら。

はい、実際に設置したのは希望していたキッチンの入り口ではなくその手前のダイニングに繋がる通路、生活の動線ど真ん中に突っ張り棒を設置することになりました。買って来た突っ張り棒、キッチンの入り口に入りませんでした。何故ならばキッチンの入り口のサイズを図って行かなかったから。

☟車で買い物に出かけた直後の夫婦の会話です。

(私)「あっ、キッチンの入り口の長さ図って来るの忘れた」

(旦那)「今から戻るの面倒だよ。大体合うように出来ているんじゃないの」

(私)「そうだね、まぁ良いか」

あぁ、この時旦那に流されずに戻れば良かった!※図り忘れた自分が悪い。

本来取り付けたかったキッチンの入り口であればキッチンに入る時以外は突っ張り棒を跨がなくて良いのですが、ダイニングにつけたもんだからどこ行くにも毎回突っ張り棒を跨ぐ毎日を送っております。

料理するにも突っ張り棒、トイレ行くにも突っ張り棒、掃除するにも突っ張り棒、お風呂行くにも突っ張り棒、何から何まで突っ張り棒!!とても生活しにくいです。ですが安全面では大満足。むっちゃんがキッチンに侵入する心配も無くなり安心です。

突っ張り棒の性能としては60㎏まで耐久出来るものを選んだからか結構な力でもビクともせず、むっちゃんが寄りかかっても全然大丈夫。

むっちゃんも今までヨタつきながらも家の中を自由に歩き回っていたので、突然行動範囲が制限されて不機嫌になるかな?と思いきや見るからに「ここまでしか行けない」感に早々に諦めたようで、今では手すりに掴まり遊ぶ事が楽しいみたい。

想定外のところに設置したせいで突っ張り棒による筋トレ生活が始まってしまったけれど、むっちゃんの安全のために引き続き頑張るしかないか。痩せると良いな。

今はむっちゃん0歳児、今は突っ張り棒も低い位置で良いけど成長に合わせて突っ張り棒の位置はどんどん上になったりして?いつまで筋トレが出来るかしら。

でもまぁ、ベビーゲートの代わりに突っ張り棒なかなか気に入っているので、ベビーゲートで気に入るものがないなと思っている方には突っ張り棒がお勧めですよ。