【妊娠・出産】出産レポ★帝王切開の手術後~ママの身体の変化をまとめました!

こんにちは、Makaronです。

当Blog初めての連載、帝王切開手術後編をお送りします。出産翌日から退院までのママの状況を簡単にまとめてみました。今回は出産レポなのでママの様子メインで書いてます。

帝王切開/出産翌日の朝

前日の夕方に、無事に帝王切開で出産したMakaron。翌日の朝に赤ちゃんと正式に対面を果たせました。

まだ、手術の影響でベットから起き上がれないため、何とか身体を起こしてベビーベットに身を近づけ中をのぞき込む。静かに寝ている赤ちゃんを見て「小さいなぁ」「私が産んだんだ」「でも、全然実感が全然ないな」と。

自然分娩であれば産んだぁ!!っていう感じなんだろうけど、帝王切開なので
その感覚が持てないのは少し残念ではあり。

最初は、「母の実感」ってあまり強く持てないですけど、日々赤ちゃんと接することで愛情だったり自分の意識だったり。

赤ちゃんの成長と共に自分も「母として成長する」と、今つくづく思います。

と少し話が脱線したので、出産翌日の状態を簡単にまとめていきますね。

帝王切開/翌日の様子

出産翌日のママの身体の様子は、まとめるとこんな感じかと。

➀手術の傷跡の痛みは(無痛分娩の時から)背中に施されている、硬膜外麻酔の影響で大分マシ 
➁尿管が繋がっているためベットからは下りられない
➂➀の麻酔の影響で足がふにゃふにゃ※立てないので危険

これから帝王切開をする方、本当に➂に注意してください!! 

というのもMakaron、出産翌日の朝に目が覚めたとき一歩ほど離れたベットサイドテーブルの上に置かれたスマホを取ろうとしたんです。

朝一で目覚めた時だったんで、助産師さんから術後の注意点とか聞く前で➂のことなんて全然知らず。

いつもの調子で、足を地につけ「よっこいしょ」と身を乗り出そうとしたら足に力が全然入らずに足が「ぐにゃっ」っと転倒寸前!!

幸いにも上半身はしっかりしていたので、ベットの柵を火事場のバカ力で掴み、何とか転倒は避けられました。

術後数日間はお腹の傷の痛みもピークなので、間違っても転倒はしないように本当に注意です。

この日は術後の抗生剤の点滴を4本され、終わった夕方くらいに尿管と背中の硬膜外麻酔が解除されました←こうされないと、自由に部屋を動き回ることも出来ないし赤ちゃんとの母子同室も出来ないんですね。

(Makaronがお世話になった病院では)手術翌日に尿管等が解除されて、その次の日にママの身体の状況によって母子同室となる流れでした。

手術翌日は、こんな感じで1日が終わりました。

帝王切開2日目/母子同室開始

午前中はお腹の傷が痛むけど、母子同室に向けて身体を動かす練習です。

帝王切開の傷の痛みは?

前日は、硬膜外麻酔の効き目でなんとかなっていたけど、帝王切開2日目は麻酔の効果もなく。よってお腹の傷の痛みはこの日がピークだったように思います。とはいえ、痛みを押して部屋の中を自由に動き回るくらいは出来るようになりました。

やって来た、母子同室

そして、14時位から母子同室がスタート!

不思議なもので、赤ちゃんが来たら「お世話しなきゃ」という思いが先行するためか、お腹の痛みはあまり気にならなくなりました。

Makaron
Makaron

といっても、それなりには痛いですけどね

帝王切開3日目/ガスがでない

(Makaronがお世話になった病院では)帝王切開後、ガスが出ないと絶食で飲み物もダメです。

Makaron
Makaron

これがまた、地味にめっちゃくちゃ辛かった

水分は点滴で補ってはいるけど、水も飲めないって結構精神的に参りました。

手術後2日まではガスが出ず「いつでるか~」「まだこないか~」と、お腹に意識を集中させても、うんともすんともせず出る気配なし。

なんでこう、出て欲しい時に限って出ないんでしょうね。この時ほど「屁カモン!!」と思ったことはありません。お腹もすくし喉も乾く、そして慣れない赤ちゃんのお世話で泣きたくなりました(笑)

Makaron
Makaron

水も飲めないご飯が食べられないって、こんなにも精神的にダメージが大きいものなのかと

シャワーがOKに

ただ、手術後3日目からシャワーがOKになったので、久しぶりに身体が綺麗になってやっとすっきり出来ました。

帝王切開4日目/ガスがでた!

夜中にトイレに行った時についに!出ました。ガスが(笑)いや笑い事じゃなくて本当に嬉しかったんです。つかさず看護師さんに報告しました。

ガスが出てからの飲食の状況

ガスが出たのが、手術後4日目になったばかりの夜中だったので。☟こんな感じで飲食がスタートしました。

●朝食:お茶
●昼食:重湯
●夕食:流動食
※翌日からは、普通食

お腹がビックリしないように、慎重に食を進めて行きました。

思いもよらぬ嘔吐

やっとガスが出て、念願の食事も出来てよし!これから更に体力を回復するぞと意気込んだ矢先。

夕食を食べて、ひと眠りしようかという時に…何だか気持ちが悪い。ここまでぱったりと無くなっていた、後期つわりがまた戻って来た感じ。今まで、妊娠中に吐き癖がついていたせいか、1回「吐きたい」と思ったら我慢が出来なくなってくる。

でも…今は…吐いたら、お腹の傷に響くに決まっている!!

なので。気を紛らせて、気持ち悪いけど、気にしないようにして…。

…。

…。

…。

やっぱりダメだぁ!!と、トイレへ駆け込む。なるべくお腹に力を入れないようにと思っていたけど、吐きだすとコントロール不可の状態に。

手術後4日しかたってない、出来立てほやほやの傷は吐く時の腹圧がかかるたびに「メリメリ」といった表現がぴったりくるような感覚が。

このとき「あぁ…終わった」と思いました。やっとの思いで吐き終えて、しばし暗闇のなかベットに腰掛けて1人で茫然。

お腹の傷がやばいくらいじんじん痛み「裂けているんじゃないか」という、不安で頭がいっぱい。赤ちゃんを見ると幸せそうな表情ですやすや。

なんか、この可愛い表情を見ていると安堵からか嘔吐でナイーブになったからか
涙が出た(笑)そんなんしてたら、偶然見回りの助産師さんが。

真っ暗な中、一人ベットにうつむいて座っている私を見て何事!と思ったのか心配そうに駆け寄って来てくれた。

軽く泣きべそかきながらさっきまでの事を話すとすぐにお腹の傷の状態を確認。そして、何ともない事を教えてくれた。

ちなみに、その時に教えて貰ったけど、仮に全力で腹圧をかけたとしても
そう簡単に手術傷は裂けないらしい。

Makaron
Makaron

本当にほっとしました!

帝王切開5日目/やっと体力が回復

手術後5日目からは、みるみる体力が回復。お腹の痛みも気にならなく、その他の体調不良もほぼなくなりました。

やっと、赤ちゃんのお世話に集中できる毎日がやって来ました。

まとめ

如何でしたでしょうか?ここまで読んで頂きましてありがとうございました!以上、出産レポでした。

出産は本当に十人十色です。出産レポを見かけると自然と目を通してしまいますが色々あって本当に面白いですよね。

全ての妊婦さんが健康で元気な赤ちゃんと笑顔で会えますように。

【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話⑤

こんにちは、Makaronです。

当Blog初めての連載、出産レポ第5回目/出産編をお送りします。

昨日の夜は陣痛が遠のき夜は普通に眠れた。子宮口が7㎝まで開いていてこれはありなのだろうか(笑)

Makaron
Makaron

入院4日目にして入院中一番眠れたってどうなのよ

まだ産まれない、入院4日目の朝

朝一でモニターした時に助産師さんが、分娩用のガウンの着替えと身体拭く用の熱いタオルを持って来てくれた。

もちろん、自分の部屋に備えつけられている洗面所で身体を拭いたり、頭を軽く洗ったりしたけど、基本的に病院では分娩前の入浴は禁止されている。

この日はさすがに毎日お世話しに来てくれる助産師さん達からも「まだ産まれないんだね」「ちょっとかわいそう」感が垣間見えた(笑)

分娩用のガウンはお産当日に着るもので、普通の人は長引いても2日程度の着用だろう。

私は既に、同じガウンを3日着ているぞ

ちなみに、これから分娩する人はこの分娩用のガウンを着て病院内をウロウロする。分娩が終わった人は自分のパジャマに着替えてOK。

よって、何日も分娩用のガウンを着続けるのは少し恥ずかしかったりもした(笑)

Makaron
Makaron

まぁ、他の人は私がいつ入院したかなんて分からないから、自然な光景ですけどね

そして、普段はしない熱いタオルの差し入れを持って来てくれた助産師さんが女神に見えた。

Makaron
Makaron

弱っている時の人の優しさって身に沁みますよね

「今日はたぶん大丈夫、赤ちゃんに会えるよ」とかけてくれた優しい言葉に、涙がちょちょきれそうになったけれど。ここで泣いたら恥ずかしいと思い「頑張ります」と笑顔で返した。

無痛分娩を選んだ理由

9時からの診察で、昨日に引き続き子宮口7㎝を確認。やはりそんなにお産は進んでいない。お医者さんから「昨日お伝えした無痛分娩ですが、希望されますか」と確認された。

出産が長引いていることと、そんなに連続に誘発剤を使うのも赤ちゃんにも母体にも良くない。

産むスタイルを拘って、赤ちゃんにストレスを与えたくなかったので無痛分娩をお願いしました。

子宮口7㎝+無痛分娩という条件のせいでお産がすぐに進むだろうと判断され、10時くらいから分娩室で誘発+無痛分娩を行う段取りとなった。️

Makaron
Makaron

やっとここまで来たかという感じ

先に分娩室に通されて、もんさんは病室で待機している間に助産師さんが1人付き添っていてくれた。

何となく土壇場で無痛分娩を選択したことが後ろめたく感じて。

産みの苦しみを味わわないと、本当の意味で母親になれないんじゃないかなんて思ったり。

罪悪感があるからお産の進み方によっては(麻酔を使わないで済むなら)「ギリギリまで、麻酔を使わない ことも出来るんですか?」と聞いたら。

その助産師さんからは「お母さんの意志をないがしろにするわけじゃないけど。私達は、赤ちゃんを無事に取り上げる事を一番に考えて対応しているのよ」と。

「だから、命を扱う現場でリスクがあることは出来ないよ」と。「なぜ、そう思うの?」と聞かれたから今の気持ちを正直に話したら。

「産みの苦しみを味わわないとお母さんになれないとしたら、帝王切開の人はどうなるの?」と。帝王切開のママ達も普通分娩と変わらずに立派にママしてるよと。

ちなみに私も帝王切開だけどねと、その助産師さんは笑って言った。

そして「今一番考えなきゃいけないのは、無事に赤ちゃんを産むことだよ」と言われてはっとした。

産み方なんてどうだっていい。赤ちゃんを無事この世に送り出す。それが一番大切なことだと。

私のすべき事は、安全にそして健康に産んであげることだ。プロの言葉が身にしみた。

無痛分娩、開始

分娩室で、もんさんが来る前に無痛分娩用の麻酔が背中から施される。

少しチクっとしてから麻酔を流す管がずずずっと入ってくる感じがして背中に違和感。でも痛くはなかった。

Makaron
Makaron

無痛分娩の時の麻酔が痛いっていう口コミを見てたから少し拍子抜け

陣痛促進剤は、昨日と異なり点滴タイプのものに変更。もんさんも分娩室に通されてついに促進開始となる。

促進開始して1時間半くらいで陣痛は3分間隔に。

昨日は、普通分娩でこの段階を体験している。陣痛の痛さをあくまでも自分的に普通分娩と無痛分娩で比較するとしたら。

●普通分娩の痛み:10
●無痛分娩の痛み:7くらい?

無痛分娩でも痛みもそれなりにあるし、いきむ感覚も全然ある。

Makaron
Makaron

人によっては感じ方はそれぞれだと思いますけどね

順調に陣痛2分間隔まできていよいよお産だ!!というとき。

赤ちゃんの心拍が表示されている機械から警告音がしたかと思ったら、別の場所で対応していた助産師さん含め、何人も飛んできた。

「えっ?」「なに?」という私をよそに、急いで酸素マスクをされる。私まだ酸欠になってませんけどっていう感じで見てたら。

赤ちゃんの心拍が下がってると。ドキッとした。

今まで産まれて当然。いや、産んで当然という感じでいたから。

そんな、100%大丈夫っていう保証は実はどこにもなく。

無事産まれるって奇跡の連続のはずなのに。自分が慢心していたことに
気が付いた。この際、どんな方法でも良いから赤ちゃんを守ってください。

無事、産ませてくださいと祈るようにしていたら。幸いにも赤ちゃんの心拍は回復し安定した。

Makaron
Makaron

本当にほっとしました

その後に先生がエコーしてみたら「へその緒」が赤ちゃんの手のすぐそばにあって。

先生は、安心させるためか少し笑って「自分でへその緒をにぎにぎしたかな?」と。その言葉ですこし緊張から解放された(笑)

ただ、確証は持てないことと。このまま誘発を続けて万が一赤ちゃんに何かあっては大変。

一度、心拍が落ちたことを軽視せずに、より安全な帝王切開に変更した方が良いという話をされました。

もうここは「赤ちゃんを、無事産む」ということだけを一番に考えて。もちろん夫婦で帝王切開に同意。誘発による無痛分娩はここまでにして、一転帝王切開の準備へ。

私は「はい、麻酔しますよ~」の先生の一言から、ぷっつりと意識は途切れ。

16時過ぎに手術となり、手術開始からはほんの十数分で無事に出産となりました。

1度夜の20時前くらいに覚醒、その時はもんさんと家族が皆病室に居て。

「無事、産んだんだよ」「赤ちゃん、元気だよ」という言葉。

そして、丁度赤ちゃんもいて。まだ麻酔で意識が混濁しているなかで、むっちゃんを初めて見た‪。

「嬉しい」「可愛い」「感動」とか色々言葉はあるけど。どんな言葉を選んでみても到底薄っぺらく感じる。何ともいえない。私はママになれたんだと。

とても不思議な、神秘的な光景だった。ちゃんと覚醒したのは次の日の朝。助産師さんが赤ちゃんを連れて来てくれた。

やっと会えた。愛しい愛しい小さな存在。まだベットからは起き上がれないけど。

「私をお母さんにしてくれてありがとう」

長くなったので一旦ここまで。長文読んで頂きありがとうございました!最後にまとめ編をお送りしようかと。


【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話➃

こんにちは、Makaronです。

当Blog初めて連載、出産レポ第4回目をお送りします。前の日は誘発しても分娩には残念ながら繋がらず。今回はこそは!?と挑んだ日の記録です。

新たな1日のはじまり

昨日のバルーン解除後も陣痛がおさまらず、深夜2時くらいまでは痛みと格闘していたけれど。それ以降は意識が飛んだもよう(笑)目を覚ましたのは翌朝の5時過ぎでした。

Makaron
Makaron

約3時間でも寝れてすっきり!久しぶりの睡眠でめっちゃ嬉しかったです

助産師さんに呼ばれてモニター検査から1日がスタートし、検査中に「昨日産まれなかった」と少し助産師さんと話していたら、以下を教えてくれました。

Makaron
Makaron

正式には先生から話しがあるけど、前もってこういう場合もあるよと教えるねという感じ

無痛分娩について

私のように産道が狭いや筋肉が硬い人はどうしても難産になりがち、お産の進み具合を見て先生が手助けが必要だと判断すれば無痛分娩を紹介されるかも。もちろんやるかどうかは自分次第にはなるが。

先生からそういった話をされた際は、旦那と協議して無痛分娩を希望するってなった場合は、無痛分娩の同意書等の書類手続きが必要になるので言ってねというものでした。

昨日の陣痛促進で子宮口の開きが悪かったし、やはり最初の診察通りに難産になるのだろうかと少し落ち込む。

もちろん出産に対して楽だとは思っていなかったから、難産ならそれはそれで仕方がないという思いもあったけど。

難産だけどそれを覚悟で普通分娩を続ける事は、ママが大変以外に何かデメリットはあるのかな?と、素朴な疑問が産まれる。

Makaron
Makaron

辛いだけなら自分が我慢、試練だと思って覚悟するでも良いのかなと

でも、お産に時間がかかって、何か赤ちゃんへの悪い影響があるならそうはいっていられない。助産師さんに聞こうとするが丁度ナースコールが鳴ったようで忙しそうに席を外すところだった。後から先生からの話しがあるみたいだからその時に聞けば良いか。

もんさんは自営業なので、今日も仕事に都合をつけて11時の面会時間には来る予定になっている。本人は産まれるまで病院に通う気満々らしいが仕事は大丈夫だろうか。

Makaron
Makaron

居てもたってもいられないよう

とりあえず、もんさんに今さっき聞いた無痛分娩についての話しを軽くLINEで報告。詳しくは病院でと伝えておいた。

無痛分娩のすすめ

助産師さんに事前に聞いていたとおりに、朝9時の診察で先生より無痛分娩に関する説明があった。

無痛分娩とは?

背中から行う硬膜外鎮痛という麻酔方法を用いて、出産時の痛みを軽減して出産する方法のこと。

●無痛といっても、痛みを緩和するくらいで痛みが無いわけではない。病院によっては「和痛」と表現するところも。

Makaron
Makaron

無痛分娩と和痛分娩の明確な違いは無いらしい

無痛分娩のメリットは?

●麻酔により出産時の痛みが和らぎ、母体にかかるストレスが軽減される。
●痛みが和らいだことで全身に込められる力が弱まり筋肉も弛緩して、お産が少し楽になる。
赤ちゃんのストレスも普通分娩と比較すると軽減される。
●産後の回復が、比較的早い。 

無痛分娩のデメリットは?

●(Makaronがお世話になった病院では)麻酔科医が2名体制且つスタッフが多い時間帯を選んで施術するため、実施可能な時間帯には限りがある。※土日祝は不可、平日の昼間の時間帯のみとのこと。
●その時の医療体制によっては無痛分娩が出来ずに普通分娩となる場合もあり。※医療従事者が少ない深夜にお産となった場合など。
●ママに副作用として産後の頭痛や嘔吐が見られることがある。
料金が割高となる。※Makaronがお世話になった病院では+5万程度。

病院を信用していない訳ではないんだけど、どうしても無痛分娩は不測の事態になったらどうしようという怖さがつきまとい、軽々しく選ぶ気にはなれなかった。

Makaron
Makaron

昔にそういった不測の事態になってしまったニュースも目にしたことあるし…

先生に「安全ですか?」と聞くと「医療に100%はありません」「ただ、常に万全の体制で最高の医療が提供出来るようにしています」と回答される。

もちろん、実績もある病院だし信頼していない訳じゃない。だけど怖いなぁと。

赤ちゃんにとってはどんなお産が良いのか?

赤ちゃんにとっては、普通分娩と無痛分娩どちらが良いんですかと先生に聞くと。

「出産は赤ちゃんにとっても命をかけた大仕事で、その小さな体に大変なストレスがかかる」「お母さんの狭い産道を命がけで通って来る」「赤ちゃんにとってどちらが良いか?と聞かれれば、なるべくお産がスムーズに進む無痛分娩をお勧めしてます」とのことでした。

日本ではあまり無痛分娩は普及していないけど、外国では無痛分娩が主流な国もあるんだとか。

Makaron
Makaron

それを聞いてどうしよう、迷うなぁと

先生は絶対選んで下さいという訳でもないし、すぐに答えは出さなくても良い。もし希望するのであればその時点で言って下さいとのことで、もんさんが来てから判断することにした。

改めて、陣痛促進開始!

先生の話しと内診が終わったら、昨日同様にまずは普通分娩を想定して
また陣痛促進開始となった。

Makaron
Makaron

朝の内診時は残念ながら、昨日の診察時に見た子宮口3㎝から進展はなかった

促進方法は今日も昨日と同様にバルーンと錠剤の促進剤で、促進開始したら10時前から3~5分間隔ですぐに陣痛が始まった。

そして、昨日と同じように11時には3分間隔の強めの陣痛に!

面会に来てくれたもんさんに、堪らず腰をさすって貰う。必死に歯を食いしばり
昨日同様に、すべての力を仁王立ちで、部屋の手すりにぶつけながら耐える。

「うお~!」「いででで~!」という、およそ女性らしからぬドラゴンボールに出てくるようなワードと音量で叫ぶ(でも、恥ずかしいから控えめに)

そうこうしていたら、陣痛の強さと間隔から12時に診察をすることになった。ここで、子宮口が開いてバルーンが外れていれば分娩室に行くという流れとなる。

期待して診察に臨むも、結果全然バルーンは外れておらず。バルーンは大体子宮口7㎝くらいで抜けるとのこと。この様子だと5㎝くらいかな?との診断。

正直、このバルーン付きの陣痛はかなり違和感があって痛い。先生の言葉に一気に気が遠くなる。

あっさりと次の内診は16時に!それまでこの極限の状態で持ち越しですか…あぁ…陣痛3分間隔で4時間…それってあと何回この痛みに耐えるんだろうか?とぼんやり考える(笑)

Makaron
Makaron

とてつもない絶望感だ

ちなみに、もんさんは来て早々に痛みにのたうつ私のケアに徹してくれており、私も話す余裕がなく無痛分娩の話しは出来ていない。

というか、「旦那さん来たら無痛分娩の事を考えておいてね」って、皆は陣痛中に普通に話をしているのだろうか。

陣痛3分間隔といっても一番強い痛みから、次にまた痛みが来るまでの間隔だから、痛みの持続時間を考えると比較的楽な時間は1分くらいかない。

そのわずかしかない楽になった時間は、水飲んだり疲れてぼーっとしたりなので「真面目な話なんか出来るか!」とさっきの先生に悪態着きたくなる。※先生は何も悪くない

それから更に痛みは増し、陣痛間隔を確認すると2分間隔に。痛い、痛いぞ、痛すぎる!これは絶対にバルーン抜けてるという変な確信があり。

見回りに来た助産師さんに訴えかけて内診して貰うと、14時くらいにバルーンが外れていることを確認。

Makaron
Makaron

やったぁぁ~!!と心底喜ぶ

お腹の張りも良い感じとのことで、遂に16時過ぎに分娩室にGO!!

二度あることは、三度ある

よし!!このままお産だぁ!!と全力で希望を見出す。

しかし…時間でいうとどのくらいだろうか。1時間くらいして先生がくる。分娩台で内診して貰うと。

「子宮口は7㎝ってとこかな」「お産は進んではいるけど、まだ子宮口は固いね」「お産になるのはまだ先かな」と。

どうやらお産が近くなると子宮口が全開(約10㎝)になる+子宮口がふわふわの
柔らか状態になるらしい。それが全然ないので、お産はまだまだだと。

Makaron
Makaron

えっ…噓でしょ…再度絶望感…

ちなみに、陣痛促進剤は点滴ではなく錠剤の弱めのものなので、先生の見立てではバルーンも外れて刺激は取れてるので夜には陣痛がおさまってしまうかもと。

でもまだ、この時点で陣痛は2分間隔、これってもうお産が近い時の陣痛の間隔じゃないの!?自分の意味分からない体質を本当に恨めしく思う。

分娩室から自分の病室に戻されて、しばらく恨みがましくのたうち回る。が、その後は先生の見立て通り陣痛はどんどん遠のいていき。

19時には重い生理痛くらいになった(笑)

Makaron
Makaron

バルーンも促進剤もなければ、5分くらいの間隔で重い
生理痛の様な弱い陣痛があるのみだった

さっきまでの強烈な痛みは?という状態に。入院3日目ここまで来て元の状態に戻る人なんて私以外にも普通に居るんだろうか?少なくとも私の周りでは聞いた事がなかった。

またの出産は明日に持ち越しに、悲しいかな私と同じ日に入院した人たちは皆、無事に出産を終えていた。

夜に、くたくたの身体で自販機に飲み物を買いに行った時に、嬉しそうに赤ちゃんを抱くママ達の姿が目に入った。

そういえば、入院初日の3日前に「明日赤ちゃんに会えますね」なんて、立ち話ししたママさん達だ。その姿を見てふいに私ってと少し悲しくなる。※満身創痍でナイーブになっている

今日こそは赤ちゃんに会えると思ってたからがっかりだったけど。何となく落ち込んでいたらもんさんが察したのか。

赤ちゃんの為に焦らないで、マイペースに大事に進めれば良いんだよともんさんが言ってくれた。その後にもんさんと無痛分娩についてやっと話すことが出来ました。

私達の答えは出産も長引いていて、私にも赤ちゃんにもストレスがかかって危険な状態になるなら、迷わず無痛分娩を選択しようと。

答えを出すかどうかは、ぎりぎりまで迷ってもいいけど、今のうちに無痛分娩の同意書は書いておこうともんさんに勧められて記入しました。

その夜は「私以外、みんな産まれてるって!」と興奮気味に話す私をもんさんがなだめてくれて(笑)…やっぱり旦那って特別だ。

残念ながら、今日はお産には繋がらなかったけど。旦那のありがたみが再度分かった日でした。次こそは!

【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話➂

こんにちは、Makaronです。

当Blog初めての連載、出産レポ第3回目をお送りします。ついに「分娩編」へ突入します!出産後結構経ってからこのBlogを書いたので、当時に日記をつけてて本当に良かった。

入院2日目

昨日の夜21時くらいから始まった前駆陣痛のおかげで結局眠れず、重い生理痛のような症状は翌朝になっても健在。

寝れたのか?寝れてないのか?良く分からずうとうと彷徨う状態で夜が明けました。そんな状態のためか朝から頭が痛い。

出産するには最悪なコンディションで、こんなんで出産はどうなる事やらという不安を少々感じつつも、とりあえずしゃきっとするために洗顔と歯磨きをする。

入院中のスケジュール

ちなみに入院中のスケジュールは☟こんな感じでした。

●6:00 起床&検温(ママ・ベビー) 
      ※出産後

●7:00 ママの体重・血圧測定
●7:00 モニター検査
     
●8:00 朝食
●8:40 回診&診察スタート
     ※お産の人は促進開始

●9:00 ママのシャワー 
                  ※出産後
●9:00 赤ちゃんの沐浴 
                  ※出産後

●11:00 面会開始

●12:00 昼食

●13:30 ママの悪露チェック 
                    ※出産後
●14:00 検温(ママ・ベビー) 
                    ※出産後

●14:30 妊婦→子宮口チェック
     ※状況により分娩室へ

●15:00 ママのおやつタイム

●18:00 夕食
●19:00 回診

●21:00 消灯

この日は、一足早く産気づいてしまった妊婦さんがいるとのことで、助産師さんに少し早く呼ばれ、6時位にモニター検査、血圧・体重測定をしました。

モニター検査では無事元気な赤ちゃんの様子が伺えて、ひとまず安心です。

ついに本格的に陣痛促進開始!

ここまでは特に大きな変化なく時間が流れ、重い生理痛はあるものの、何か今日産む実感がしないなと思いながら、朝の診察がスタート。

ここからは、本格的に陣痛促進剤を用いてお産に向けての準備が始まりました。

朝9時くらいに、更に陣痛を促進するためにワンサイズ大きいバルーンへ変更し、同時に陣痛促進剤(錠剤)の服用がスタートしました(1時間おきに4回服用します)

そうしたら、1時間くらいしたらすぐに強めの陣痛が。

例えるなら、股関節をぎゅ~っと握りつぶされているような、トンカチでトントンと打たれているような一定間隔の継続的な痛みでした。

11時の面会時間にはもんさんが来てくれることになっていて。時間でいうとほんの約1時間くらいだったんですが、1人で痛みに耐えるのが凄い心細い。

私は具合が悪いときは、誰かにいてほしいタイプではなく、どちらかと言えば1人でひっそり居たいタイプだったんですが。

さすがに、出産はそうではなかったようです。しばらく1人で病院のベットで寂しくジタバタする時間が続きました。

私がした、陣痛中の痛み対策

11時の面会時間開始後にもんさんがすぐ来てくれて、ベットでのたうち回っている私を発見。「ついに来た!?」なんて目を輝かせてる。

Makaron
Makaron

その嬉しそうな様子に、入院初日のあの心細い雰囲気はどこ?って感じになった

せっかく来てくれたのに、こっちは痛みで構う余裕もなく。

Makaron
Makaron

もんさんは昨日とは打って変わって、なんか嬉しそう

陣痛カウントアプリで陣痛の間隔を調べてみたら5分は切っていると分かる。そこから、昼くらいには早くも3分間隔に。

このくらいになるとそろそろ辛くなってきます。当時少しでも痛みを逃そうと思い試したことを紹介します☟

➀腰かけた状態でベットの柵や何かを掴む
→陣痛5分間隔くらいまではこれで何とかなりました。

➁立った状態で、手すりを掴む
→陣痛3分間隔くらいからは「いてもたってもいられない」状態に。私は圧倒的に立っている方が痛みに対抗することが出来ました!

手すりを掴むというよりかは、痛みMAXの時に全身全霊を込めて、手すりが折れるんじゃないか?ってくらい握りしめる。全力で力を込めている時だけは何となく気が紛れる様な気がするので、痛み対策におすすめですよ。

➂テニスボールでお尻の穴付近を圧迫
→実は私、数年前に尻もちをついて尾てい骨を骨折していて。陣痛対策の定番のテニスボールは用意してったんですが、少し使用したところで嫌な予感がして封印しました。

Makaron
Makaron

友達で出産時にテニスボールを使いすぎて、尾てい骨にひびが入ったという人がいたので要注意です

私は圧倒的に➁が効果的で、これで1日を乗り越える事が出来ました。

お産に向けた状態チェック

初産婦は14時過ぎの内診で、子宮口が7㎝程度開いてたら分娩室に行けるとのことで待ちに待った内診に。

順番待ちの間「頼む~!」「開いていてくれ」「お願いだ!」と、冷や汗だらだらで手すりとお友達になりながら必死に陣痛に耐える。

そしてついに、診察は私の番に。意気揚々と内診室に入り(痛みで変なテンションになっている)お医者さんからの審判が下るのを待つ。

お医者さんが来て、どれどれと見てみると…。

「うん、5㎝も開いてない」「3㎝くらいかな~」「はい、お産はまだまだだね」「お疲れ様!また明日」

と、あっさりと内診が終了。えぇ…嘘でしょ!!ここまで痛みに耐えたのに。どっと脱力感に襲われ「バルーンはどうなる!?」と思い食い気味で先生に聞くと、明日促進し直しだから今日はこれでおしまい。バルーンも外すよと。

その後、あっさりとバルーンは解除されました。

バルーンが解除されたら強烈な痛みは影を潜めたけど、微弱な陣痛がやはり5分間隔で地味~に来る。結局昼間も夜もまた眠れず。

そんなこんなで、想定していたクリスマスイブ産まれにならず(笑)分かった事はお産はそんなに甘くなかった!!

連載第4回目に続きます!(分娩編と言いつつもまだスタートラインにもたっていないというね)

【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話➁

こんにちは、Makaronです。

当Blog初めての連載、出産レポ第2回目をお送りします。今回は「入院初日」の様子をお届けします。

入院初日

少し前回でも触れましたが、改めて入院初日の流れの説明になります。

入院初日は出産に向けた準備(処置)を行い、分娩は翌日の計画でした。

入院する時間は余裕をもって午後からだったので、午前中のうちに入院に必要な物の最終確認をして、もんさんの実家でご先祖様に線香をあげてから2人で病院へ向かうことにしました。

もんさんの実家と我が家は5分もかからない位置にあり、もんさんの実家から病院までは車で10分くらい。

その為に産まれそうになったら連絡して、家族皆が病院に来るのはそれからということにしてました。

Makaron
Makaron

お産も立ち合いは旦那だけで、家族は赤ちゃんが産まれてから呼ぶというスタイルでしたね

お義父さんとお義母さんは、孫の誕生が待ち遠しくも心配で気が気ではない様子で終始ソワソワ、もんさんに産まれそうになった時の連携の仕方について同じ事を繰り返し確認している。もんさんはこれから訪れる我が子の誕生に同じくソワソワ、地に足がついていないのか珍しく少しピリピリしていた。

Makaron
Makaron

いつもはほわ~んとしている、のんびりさんの旦那です

お義父さんとお義母さんに対して「さっきも説明したでしょ」なんて小言を言いながら、産まれるときの面会の手順を説明してる。心配そうな面持ちの両親を残していざ病院へ出発。

もんさんはもともと心配性な性格で、早くも不安に押しつぶされそうな様子。今からそんなんで大丈夫だろうかと少し心配になる。

しかも、しきりに「無事に明日産まれるかな?」「もし明日産まれなかったら、産まれるまで心配だからやっぱり俺も病院に泊まれないかな?」って。そんなの私が恥ずかしいわ(笑)

お世話になる病院の方針は、出産時の立ち合いは旦那だけで、産まれそうにもなかったら夜は旦那は一旦帰宅です。ちなみに私の入院した産院では☟こんな感じのルールでした。

●面会時間は11~20時
●面会時間は病室であれば誰でも出入り可能。
●面会時間を過ぎても「もう産まれそう」であれば、旦那のみ残ってOK。
●出産立ち合いは、旦那のみ。
●万が一夜中に産気づいたら、産まれる直前に旦那に来てもらう。

よって、もし面会時間内に産まれそうにもなかったら、一旦明日に仕切り直しです。「俺も泊まって良いか聞いてみようかな」という子供みたいなもんさんに。

いい歳して子供みたいな事言ったら恥ずかしいでしょ、病院のルール通りだよと言い聞かせました。

入院手続き

病院に着いて軽く受付で書類での手続きを済ませ、もんさんに荷物を持って貰い病室がある2階へ、落ち着いた感じの個室でゆったり過ごせそうでした。

分娩に向けて、出産準備へ

簡単に荷物を整えて病室でゆっくりしてたら、助産師さんに呼ばれて血圧・体重測定後にモニター検査を実施、モニター検査で元気な赤ちゃんの心音が聞けました。

Makaron
Makaron

長く続いたこの検査も、あと少しかと思うと感慨深くなりました

そうこうしているうちに、16時位に診察の順番が。ついに翌日の分娩に向けて子宮口を開く為にバルーンを挿入しました。

バルーンとは?

陣痛を促進する際に使用されることが多く、風船状になっていて、子宮で膨らませて子宮口を開く医療器具のこと。

Makaron
Makaron

これが地味に痛いんですよね

まぁ痛いと言っても大したことは無く、あくまでも私の場合はこんな感じでした。
●地味に痛いけど、それは施術しているときだけで施術が終われば違和感程度に
●出来るだけ力が入らないようにリラックスしていれば、大した痛みではない

Makaron
Makaron

これから初めて体験される方は、とりあえずリラックスしていれば大丈夫かと

バルーン挿入後は特に体調は変化せず、18時くらいに普通に晩ご飯を食べました。

ここまでは嵐の前の静けさで、鶏肉の甘酢餡かけがとても美味しかったです。

19時過ぎに、仕事を終えたもんさんが面会に来てくれて。その後は面会時間終了の20時までゆっくり2人で過ごしました。

2人で「これが夫婦2人で過ごす最後の夜かな」「赤ちゃん、どんな顔かな」「ついに会えるね」「私達が親になるんだよ」なんて、2人して期待で胸がいっぱい。もうすぐ増える家族に会えるのが待ち遠しくて。

ここまでは、本当に穏やかな気持ちで過ごせました。さぁ寝るかと気分良く布団にもぐりこんだら。

…お腹が痛いような?

気のせいかと思ったけど、刻々と時が過ぎるごとに増える痛み。気のせいではない痛いぞこれはと。

21時位から前駆陣痛がスタートしました

Makaron
Makaron

ついに来たと1人でテンションがあがる

その夜は重い生理痛の様な痛みがずっと続いて一晩眠れず。気を紛らわせるために「TVer」っていうアプリで「グランメゾン東京」の最終回を見て過ごしました(笑)

皆さんこのドラマ、ご覧になってましたか?Makaronは大好きで毎週楽しみに観てました。

前駆陣痛は痛いけど、何とかドラマは見れるくらいの精神状況でしたね!

ここまでが入院初日の思い出です。次回はついに分娩編に突入しますので、よろしければもう少々お付き合い頂けると嬉しいです。

【妊娠・出産】出産レポ★陣痛から4日!無痛分娩も体験~最後は帝王切開になったお話➀

こんにちは、Makaronです。

タイトルから既にお分かりかと思いますが、今回は出産レポです。

●産院選び~入院まで
※当記事で紹介

●入院生活(出産までの全4日間)
※何記事かに渡って

上記、2部構成で紹介させて頂きます。私の出産ですが全然スムーズに行かず…タイトル通りの内容で、出産のフルコースを体験しました!ちょっと長くなりそうなので、ちょこちょこ分けて投稿して行こうかなと。

むっちゃんを妊娠中「出産ってどんな感じかな?」と気になり、暇をみつけてはスマホで出産体験談を読み漁ってました。

先輩ママ達の、十人十色の出産のお話をみては自分にも近い将来訪れる人生最大の出産という大仕事に、期待で胸を躍らせていたものです。

Makaron
Makaron

それと同時に、不安も大きかったですけどね

出産の例えとしては、よく「鼻からスイカ」「腰骨をハンマーで砕かれる痛さ」とか色々な表現が使われていますが、どうせ痛いと分かっているなら憂鬱なものは早く済ませたい。どんとこい!と当時は腹をくくっていました。

Makaron
Makaron

考えてもどうしようもないことは、考えないようにしてました

そして、もしも将来Blogとかやる機会があったら、いつか思い出として自分の出産体験談を綴ってみたいななんて思ったり。

という訳で出産を終えて早3ヵ月、忘れないうちに自分の出産の記録を残しておこうかと。

「痛いです」「怖いです」「大変です」という記録だけで、これからママさんになる方たちの不安を煽るだけにはならないように。

当時、知って良かったことなど、微力ながら役立つ情報も少しだけど交えながら説明していこうかと思います。

出産する病院を選ぶポイントは?

出産レポに入る前に、入院生活の舞台となる病院のお話から。

妊娠したら、比較的早期に産院決めをしなくてはならないと思います。

赤ちゃんを産む病院はどんな病院が希望なのか。総合病院なのか個人病院、いわゆる分娩が可能なクリニックなのか。

Makaron
Makaron

その他の施設もあるけど、今回の目的は「出産レポ」なのでここはさらっと2択で

どちらの病院を選ぶかで、出産スタイルとその後の入院生活もガラっと異なってくるので、当時調べた事や感じた事を振り返りながら説明していきますね。

Makaron
Makaron

病院毎にメリットとデメリットがあるので、これから産院決めをする妊婦さんの参考になればと

総合病院

産婦人科だけではなく、色んな科が入っている総合病院。大きな病院のことですね。

メリット

・母体に何かあった時に個人病院よりも医療設備が整っている分、いくらか安心。
・NICU(新生児集中治療室)がある場合が多く、予期せぬ早産や、赤ちゃんに何かあった時に備えられる。
・相部屋の場合は、個人病院よりも費用が良心的になりコストが抑えられる。
・(コミュニケーションが得意な方は)相室が基本なため、他のママさんとコミュニケーションを図りやすい。

デメリット

・個室ではなく相部屋が多く、疲労困憊の産後でもプライベートな空間がない可能性が高い。
・他の赤ちゃんの泣き声や生活音が絶えず聞こえ、ストレスになる可能性がある。
・食事はあまり期待は出来ないことが多い(なかには例外もありますね)

個人病院(分娩可能なクリニック)

総合病院ではなく個人のお医者さんがやっている産婦人科ですね。クリニックと呼ばれるものがこれにあたるかと。

メリット

・個室の病院が多く、個室の場合はプライバシーが保たれる。
・総合病院に比べ、比較的自分のペースで入院生活を送れる。
・環境の良さから、産後は心身ともに回復しやすい。
・医療以外のサービスに力を入れている病院が多く、その場合は食事が美味しくデザートも充実していたりする。 

デメリット

・医療体制や設備は、どうしても総合病院よりは劣る
・出産前や出産時のママの身体や赤ちゃんの状況により、医師の判断で総合病院に転院させられる可能性がある。
・個室の場合は、総合病院より料金が高めに設定されている。

Makaron
Makaron

簡単にまとめるとこんな感じかと

むっちゃんを授かるまで不妊治療で心身ともに少し疲れてしまって…。

一生に一度かもしれないと思い自分へのご褒美もかねて、私は個人病院を選択しました(実際の入院生活の様子は、別記事にて)

どのように出産をしたいか

実は、Makaronちょっと持病を持っていて。そのリスクともともと小柄であるからなのか?

臨月に内診した時に「産道がとても狭いから難産決定!」という医師の勧めで、赤ちゃんがそこまで大きくならないうちに予定日を待たずに、38週での計画分娩(陣痛促進剤使用)を行うことになりました。

Makaron
Makaron

私のようなことがなければ、逆子ではない限り自然に陣痛を待つのが普通ですよね

お世話になるクリニックは地元では有名な「無痛分娩」に力を入れている病院で。

「無痛分娩」は母子共に負担が少なくお産を進められるので、Makaronのようなケースにお勧めとのことでした。

Makaron
Makaron

力ががちがちに入らない分、筋肉が弛緩してお産が比較的楽になるそうですよ

病院からも「無痛分娩」を進められましたが、もともと計画ではないことと、産まれてくる子のためにも出来れば自然に産んであげたかったので、自然分娩をお願いしました。

Makaron
Makaron

しかしその後に計画ががっつり狂うんですけどね

いざ、入院の日

そんなこんなで、あれよあれよと入院の日。実は入院した日はクリスマスイブの前日で、出産予定はクリスマスイブでした。

入院する日はもんさんが仕事を都合つけてくれて、入院手続きしながらもんさんと「クリスマスイブが誕生日か」「誕生日とクリスマスが一緒だと可哀想だよね?」「プレゼントは、毎年2つ用意しないとね」なんて。

次の日には産まれるもんだと思って、こんな会話を呑気に繰り広げてました。

そこから、長い長~い試練が待ち受けているとは思いもせずに(笑)

と、長い前置きはここまでにして。次回は入院生活編からスタートします。もう少しお付き合い頂けると嬉しいです。

ではでは。

【妊娠・出産】つわり体験談★ 壮絶~マイナス8キロ! 妊娠中の食べものと食べた結果

こんにちは、Makaronです。

突然ですが、つわりには吐きつわりと食べつわりがあると言われてますね。

私は特につわりが酷く、自分は吐きつわり&食べつわりの混合タイプだったかなと思っています。

何故ならば、つわり中は食べないと気持ち悪くて吐く、でも食べても吐くの繰り返しで、無限の負のループに陥っていたから。

身近な人につわりの対処法を聞こうと思ったけど、周りにそこまでつわりが酷い人がいなくて。

Makaron
Makaron

今思えば、そんな都合の良い方法なんてありませんね

なんで私だけこんなに辛いんだろうかと、妊娠当時は悲しくなったりもしました。

そして、どんなに体調が悪くても、仕事は代わりの人がいなくて、とても休める状況ではない。

そんな事は考えずに、休んでしまえば良かったのかもしれませんが、同僚に迷惑はかけられないと、自分の事を第一に考える事が出来ませんでした。

Makaron
Makaron

もうどうしたら良いんだと、当時は孤独に感じてしまい結構しんどかったです

同じようにつわりで辛い思いをしている人の為に、何かの役に立てればと自身のつわり体験談を備忘録として残そうと思います。

いつ妊娠が分かったか?

不妊治療からの妊娠だったので、生理予定日くらいには病院での検査で妊娠が分かりました。

つわりのはじまり

妊娠したばかりの頃は、体調にも何も変化がなく「つわりないかも」なんて喜んでいましたが、妊娠6週を過ぎたあたりに、早くもなんとなく胃もたれの様な、不快な感覚が出てきました。

Makaron
Makaron

生理予定日から2週間くらい過ぎたあたりですね

妊娠初期で、壮絶なつわりに

日に日に、1日のなかで不快と感じる時間が長くなり。

妊娠7週位に、気持ち悪さに耐えきれずに初めて吐き、8週を終える頃には毎食後に必ず嘔吐するようになってしまいました。

汚い話が、食後30分以内くらいに、食べたものがそのままの形状で滝のように出てくる。

Makaron
Makaron

じゃあ、食べなきゃいいのにって思いますよね?

私は「吐くけど、食べたい」タイプだった為に食欲は普通、むしろそれ以上にありました。

気持ちが悪いのに、お腹が減る感覚が強くて無性に何か食べたくなる。そして食べないと、強烈な不快感がずっと続く。

そして食べている瞬間は、妊娠で感覚が研ぎ澄まされてる?のかつわり中で気分は優れないはずなのに、何故だか凄く、ものすご~く料理が美味しく感じるんです。

1回食べ始めたら、あまりの美味しさに、食べ過ぎてしまうという事もあり。

Makaron
Makaron

妊娠前に比べたら、大した量ではないですけどね

ただ、幸せなのは「食べている、その瞬間」だけで、食事が終わった瞬間に、強烈な不快感に逆戻りです。その天国から地獄への、振り幅が広~い切り替え。

「食べたいのに、食べたら吐く」の 繰り返しで、かなり精神的にも参ってしまいました。

つわりはいつからいつまでがピークか

私の場合はだいたい、妊娠6週くらいから徐々につわりが始まり、妊娠8週あたりで本格化し、そこから妊娠15週くらいまでがピークでした。

ピーク時は、食後すぐから10分以内に全て吐く。毎回ダッシュでトイレに駆け込むか、吐き気や嘔吐が止まらずにトイレが自分の部屋状態。吐くのを我慢なんて、私は到底出来ませんでした。

1日中船酔いのような状態が続き、常にトイレ付近でうずくまる。

そんな状態がしばらく続き、つわりが落ち着き始めたのは安定期に入って2週間くらい過ぎてから。

ようやく、徐々につわりが落ち着いてきたかな?と感じる時間がでてきました。

Makaron