《ストレス解消必須》押入れを快適なクローゼットに★突っ張り棒が絶対に落ちない方法!!




今まで3階建てのマンション暮らしでしたが、子供が大きくなりどたどたと足音が気になり始めたし、もう少し広いところで暮らしたいなと。

意を決して、近所で空き家となっていた平屋への引っ越しを決意した我が家。

引っ越しを終え、いざ新居での暮らしを開始するも、和風の平屋の為、クローゼットというものが無い!!

そこで、押入れの梁に突っ張り棒を設置して、押入れをクローゼットにしようと考えた私。

突っ張り棒を取り付けてしばらくは快適に過ごしていたのですが、ある日仕事から帰って来て洋服をかけようとしたら、突っ張り棒が落ちていて、押入れの中がぐちゃぐちゃになっている…

がっかり感満載になりながらも、とりあえずもう1回取り付けるか…と、落ちた大量の洋服をひとまずどけて、1から突っ張り棒を取り付け直す。これ、なかなかの重労働なんですよね。

せっかく苦労して元に戻しても、その後しばらくしてまた結局落ちては取り付けるを繰り返し、ついにストレスMAX!!

こんな私が考えたこと。

押入れの突っ張り棒が絶対に落ちない方法はないものだろうか?

試行錯誤して、ついに最終的に《押入れの突っ張り棒が絶対に落ちない方法》を編み出しました。

ちょっと不格好ですが、本当に落ちません!!

私と同じ悩みをお持ちの方は、是非ともお試しあれ。

《押入れの突っ張り棒が絶対に落ちない方法》を実現するために、まずは用意するもの。

DAISOで以下を2つ買いましょう。

簡単ワイドフックロング
原産国(地域):中国 材質:ABS樹脂 スチール 商品サイズ:5cm×14.7cm×2.1cm 内容量:1個入 種類(色、柄、デザイン):アソートなし すだれ掛けや小物掛けになるワイドフックです。 ネジを回して調節するだけなので取り付け簡単です。 ネジ式なのでカモイ等を傷つけません。

鴨居フックってご存じですか?

上記はロングタイプなのですが、色々サイズがあり、鴨居があればどこでも設置可能!我が家では鴨居フックを至る場面でフル活用しております。

興味がある方は、こちらもどうぞ。

ドア・鴨居・長押フック

さて、購入したロングタイプの鴨居フックをどうするか?

こんな感じで、押入れの梁に付けちゃいましょう!!

あとは写真の通り、突っ張り棒を上から紐で吊るすのです!!

突っ張り棒自体をある程度突っ張り状態にしておけば、鴨居フックと紐の力だけで浮くわけではないので、さらに落下の可能性をつぶせます。

我が家はこれで突っ張り棒は2度と落ちなくなりましたよ。

少し不格好かもしれませんが、2度と突っ張り棒が落ちて欲しくないという方は、試してみては如何でしょうか??

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

d払いポイントGETモール

スキルのフリマ【ココナラ】

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽
 スポンサーリンク 

■外部リンク
・当ブログはリンクフリー
・相互リンク歓迎

■個性豊かなたち
にほんブログ村
育児日記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました